初音ミクにみっくみくにされたページ    タマ姉かわいいよタマ姉なページ

2008年05月21日

【中国大地震】被災からわずか1週間、倒壊した小学校をスピード再建・・今度は耐震・防火性能もバッチリ

【中国大地震】被災からわずか1週間、倒壊した小学校をスピード再建・・今度は耐震・防火性能もバッチリ
2008年5月19日、新華網によれば、18日、中国青少年発展基金会を通じて、全国各地から集まった100名以上のボランティアと設計技師などにより、今回の四川大地震により倒壊した小学校が、四川省綿竹市遵道村で初めて再建された。
全国初の耐震構造設計の小学校校舎となる。

遵道村小学校の校舎は地震により甚大な被害を受け、学校として使用できない状態だった。新たに落成した校舎は、新型の軽量パネルを使用して作られており、9つの教室のほか教職員室があり、総面積は約1100平方メートル。耐震性能のみならず、防水、防火性能にも優れている。

同校ではすでに600人の児童が学校に戻っており、他の小中学校でも復興が進められている。
http://www.recordchina.co.jp/group/g19221.html

 「1週間で倒壊した小学校を再建しました」

 「はや!

 「早すぎるだろう常識で考えて・・・」

 「手抜き工事で倒壊したんじゃなかった?」

 「そういう疑惑はあるみたい・・・」

2008/05/18-00:07 手抜き工事に批判=校舎の大量倒壊で−四川大地震
 【香港17日時事】香港各紙は17日、中国四川省の大地震で学校の倒壊が特に目立ったことから、手を抜いて脆弱(ぜいじゃく)な建築物を造る「おから工事」で多くの学校が建設されていたのではないかとの批判が高まっていると伝えた。
 四川省教育部門の統計によると、今回の地震では少なくとも6898棟の校舎が倒壊した。このため、16日に教育、建設両省の幹部がインターネット上で市民との質疑応答に応じた際も「おから工事はなかったのか」と質問され、教育省幹部は厳しく調べることを約束した。

 「今度は大丈夫ですよ〜耐震性能のみならず、防水、防火性能にも優れているのです」

 「強風で飛ばされないでよ・・・」

 「中国の建築技術は世界一ぃぃぃぃ

 「最初から作れ」


posted by ADON-K at 02:46 | Comment(18) | TrackBack(1) | 中国ソース保管庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
  
  1. ジャイコ at 2008年05月21日 05:17

  2. どんだけ早いねんw
    なんですか?竹ですかw
  3. ガス田掘り at 2008年05月21日 06:39

  4.  罹災した方々に心より哀悼の意を表します。早く平穏な生活に戻れる事を願っております。

     ところで、フジサンケイのビジネスアイで、四川大地震からレアメタル供給に不安が出ているという記事が出ていました。世界のレアアースメタルは生産量の90%を今回の地震の発生地域に依存しています。今回の地震ではこれらの生産インフラも壊滅的な打撃を被っていると考えられ、資源屋の間では、中国は資源価格暴騰の引き金を引きたくない為に海外の救助隊を国内に入れないのだ、と噂されています。まぁ、本当のところは不明ですが。

     何れにせよ、銅や鉄といったコモンメタルと異なり、「市場」という物が存在しないレアメタ・レアアースはこれからタイムラグを置いて世界的な価格暴騰になると予想されており、世界的な「メタルショック」が来る可能性が否定できなくなりました。ガチにリチウムボタン電池が一個千円という時代も覚悟する必要が有りそうです。

     最近、国でも慌てて資源調査技術の研究開発に予算をそそぎ込もうとしているようですが、マジに「ものづくり国家」を維持して行きたいのか、本気で不安です。日本の場合、JOGMECの民間向け備蓄じゃ明らかに不足(たしか18日分?)です。
     本気でやるなら、1.日本海のコバルト・クラストや熱水鉱床のブラックスモークの探査と回収、2.国内の石炭炭坑と銅鉱の再開(残渣物にレアメタ・レアアースが非常に多い)、3.都市鉱山の本格的な利用、ここら辺をしっかり技術開発しないと・・・。

    駄文失礼。

  5. ディケルス提督 at 2008年05月21日 07:07

  6. >四川大地震により倒壊した小学校が、四川省綿竹市遵道村で初めて再建された。
    >全国初の耐震構造設計の小学校校舎となる。

    それで?再建された耐震性「小学校校舎」というのが↓コレとな?

    http://big5.xinhuanet.com/gate/big5/news.xinhuanet.com/local/2008-05/19/content_8203610.htm

    ………………
    ……
    中国、てめぇに言う事はもう何もねぇwwwww
  7. 埴輪 at 2008年05月21日 08:20

  8. >>3
    え゛!?
    マジでこれっすかwww
  9. 空気黄泉力0(広島人) at 2008年05月21日 09:26

  10. どこに建てたんだろう・・まさか被災者の埋まってる上じゃないよな・・
  11. Frank Jager at 2008年05月21日 10:33

  12. >>3

    本当にこれだったら…もう何も言うまい…
  13. ぬっこぬこ at 2008年05月21日 11:19

  14. >>3
    どう見ても仮設住宅です。本当に(ry
  15. 名無し at 2008年05月21日 11:26

  16. >>3
    プレハブってレベルじゃねぇぞ(ry
    さすが特亜名物斜め上
  17. ヘロヘロ at 2008年05月21日 12:17

  18. こwwwwれwwwwwはwwwひwwwwどwいwwwww

    元記事に建物外観の写真がないどころか
    10日そこらで再建とか全国初の耐震構造設計とかもうね。
    中国マスコミのおから構造も凄いな。
  19. at 2008年05月21日 14:40

  20. 地震が来ても(財布や手間に対する)ダメージはほとんどない。
    って意味での耐震設計ですか?
  21. 相良 宗介 at 2008年05月21日 14:48

  22. ディケルス提督閣下
    http://big5.xinhuanet.com/gate/big5/news.xinhuanet.com/local/2008-05/19/content_8203610.htm


    第一弾が先行者、第二弾が中華一号、そんでもって第三弾がコレですか…
    中共は、どんだけ東亜住人の腹筋を鍛えれば気が済むのでせぅ(^^;

    耐震構造
    (`八´)『地震が来たら、粉末状に崩れるからモゥマンタイ!』
    耐火構造
    (`八´)『火がついても一瞬でチリも残さず燃え尽きるからモゥマンタイ!』


    …こうですか?わかりません! ><
  23. at 2008年05月21日 14:56

  24. 恒久的な物で無く、建替えを前提とした簡易設計
    江戸時代の長屋的な思想ですね!
  25. at 2008年05月21日 15:28

  26. 風が吹けば、プレハブ吹っ飛ぶ。
  27. joker at 2008年05月21日 21:55

  28. プレハブではありませんかwwwww
    どこが耐震なのやら。

    >レアアース
    磁石に蛍光を支えるこいつらがないと先端ハイテクは成り立たないんですが(汗
    PC需要があるなら早いほうがいいですねきっと。
  29. るる at 2008年05月21日 22:19

  30. いや、皆さんプレハブの方が軽くて安全なのかもよ支那暗黒大陸ではね。
  31. at 2008年05月21日 22:52

  32. *3
    バラック・・・いやプレハブか?
  33. ディケルス提督 at 2008年05月21日 23:02

  34. >>相良 宗介様
    >第一弾が先行者、第二弾が中華一号、そんでもって第三弾がコレですか…

    いや、中華一号が発表された1か月後には中国製「ロボコップ」なんてのも登場していましたから、今日の「耐震性校舎」は第四弾と呼んだ方が良いかもしれませんw あの中国製「ロボコップ」も個人的には壷でしたwww

    http://adon-k.seesaa.net/article/62000357.html
  35. 喜多院 at 2008年05月22日 18:09

  36. プレハブのようですがどう見ても震度5強以上には耐えられそうに見えないですね。

    もしかして売れ残りの物置きの転用じゃ?

    日本から半完成品を送って現地で組み立てたほうがマシなんじゃ?

    中共政府は3,4年で復興を遂げると言っているみたいですが・・・。
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

banner_01.gif

この記事へのトラックバック

スピード再建
Excerpt: 【中国大地震】被災からわずか1週間、倒壊した小学校をスピ ... 【中国大地震】...
Weblog: じゅんこの出来事
Tracked: 2009-06-06 02:06
少女兵器
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。