初音ミクにみっくみくにされたページ    タマ姉かわいいよタマ姉なページ

2007年12月15日

【韓国】 韓国版サブプライムローン、4兆円規模…米国に比べ問題解決が困難な状況に陥る可能性が

【韓国】 韓国版サブプライムローン、4兆円規模…米国に比べ問題解決が困難な状況に陥る可能性が [12/13]
 米国のサブプライムローンのように信用能力が低い人が借りた韓国国内の住宅担保ローンの貸し出し規模が約34兆ウォン(約4兆1170億円)と推定されることが、12日までに分かった。

 韓国銀行のシン・ジソン金融安定分析局調査役は、「韓米住宅担保ローン市場の比較と示唆される点」と題する報告書で、国内信用情報会社がまとめた住宅担保ローン利用者の信用等級分布図を基に推定した結果、昨年末時点で韓国の低信用者に対する住宅担保ローンの貸し出し規模は、住宅ローン貸出残高全体の12−13%を占め、米国(14%)とほぼ同じ水準にあるとの分析を明らかにした。

 金融機関の種類別の、信用度が低い住宅担保ローンの規模は、銀行が19兆ウォン(約2兆3000億円)と住宅ローン貸出残高全体(217兆ウォン=約26兆円)の9%にとどまっているのに対して、保険会社、貯蓄銀行など非銀行系金融機関の場合、同貸出残高(59兆ウォン=約7兆1410億円)の25.4%を占める15兆ウォン(約1兆8150億円)に上っていた。

 また、住宅ローンの延滞債権のうち、90日以上の延滞比率は韓国が50−70%で、米国(19.4%)よりはるかに高い。このため、住宅ローンの不良債権化が進んだ場合、米国に比べ問題解決が困難な状況に陥る可能性がある。

 「なんかやばいですか?」

 「これはバブルじゃない?」

 「バブルだね」

 「日本助けるのですーーー」

 「やだ

 「と言いたいわね」

 「大丈夫まだ持ちます・・・


posted by ADON-K at 01:40 | Comment(9) | TrackBack(0) | 韓国ソース保管庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
  
  1. at 2007年12月15日 01:52

  2. もう助けないぞ寒国。勝手に自滅しろ。
  3. 嫌韓人 at 2007年12月15日 02:20

  4. ぜってー助けたくない。早く中華属国になってしまえ。
    各省庁&政治家にメール送ろ。
    どうしても助けるなら条件は山ほどあるんだぞ。
  5. クマのプータロー at 2007年12月15日 08:08

  6. ちょうど良い、北と対等合併できるぞ!!

    放置して崩壊させることが最善かも。

  7. たそがれ at 2007年12月15日 08:24

  8. 感情論では絶対に助けたくは無いけど、現実には波及効果が絶対に日本に及ぶし、バタフライ効果として世界恐慌の引き金になりかねないからなぁ。

    マジ迷惑だわ。
  9. たまちゃん at 2007年12月15日 09:13

  10. 貸出金全体に対する割合とか出す必要性は何なんだろう?
    国民の総数も桁違いなのに、比率で出す理由が分からない
    GDPの何パーセントに当たるとかならよく分かるんだけどねぇ、何がしたいんだか

    http://plaza.rakuten.co.jp/koukou1192/diary/200710170000/
    韓国の住宅ローンは変わっていますね、これはババ抜きという奴でしょうか?
    この日記を読む限り、最後に買った期限ぎりぎりの人がローン残高を丸々一括払う形に見えます
    ちゃんと利子以外も払えばいいモノを、売却後の次の人任せなんですね

    韓国のウォンは日本が保証してるとかあった気がするから、これは日本にも悪影響だけ回ってきそうで嫌な話

    今回上げているのが「住宅」ローンに関しての危険視だとして、前々から個人のカード破産が問題になってたりして、よく考えなくても危険だと思う
    http://blog.goo.ne.jp/daewongun/e/0ca3230c011bba223a222fd6a43d3846
    もう1年前、の1月だから約2年前でこの状態じゃ、お先真っ暗じゃない
  11. すあたり at 2007年12月15日 13:06

  12. そもそも彼の国で信用商売が成り立つと思っている時点で死亡フラグかと。
  13. 水月 at 2007年12月15日 16:04

  14. >>たまちゃんさん
    円によるウォン保証は、前回のFTA時にできた都市伝説ですね^^;
  15. 午前 at 2007年12月15日 20:49

  16. たまちゃんさんが言われているのは通貨スワップ協定のことではありませんか?

    これはIMFを含む既存の国際的支援制度を補完するためのものでIMFの融資を受けるのであれば100億ドルの金融支援をするという内容です。

    しかし、IMFの融資制度外で支援できる金額は20億ドルなので実際に韓国が破産し、IMFの支援が受けられないもしくは受けない場合これだけしか支援されず、この程度の金では焼け石に水です。

    そもそもこれは東アジアにおける危機発生時の自助・支援メカニズムであるチェンマイ・イニシアティブの内容の一つであり、アジア各国がこのような協定を相互に結んでおり、韓国破産時には各国から最大で650億ドルの支援があります。
    なので二国間の問題として論じるには難しい問題です。
  17. youyou at 2007年12月16日 15:37

  18. カードバブルの時といい、主な原因が貧困ではないという所が救いようがないですね。
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

banner_01.gif

この記事へのトラックバック
少女兵器
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。