初音ミクにみっくみくにされたページ    タマ姉かわいいよタマ姉なページ

2005年08月24日

脱・マンガ嫌韓流の真っ赤な嘘

 マンガ嫌韓流の反論を紹介しているサイトさん更新されてました〜
おや?以前はリンクの注意があったんですが消したんですかね?

まあ以前のようにNWatch ver.4 でググって見てください

まずこの人ちゃんと調べて自分で考えているんですかね?
ちょっと疑問です。まず一番最初に


最初に帝国議会での政府委員の答弁を見てみましょう*1。

……それから次は創氏の問題、志願兵問題等に付きまして、官邊の強制と云ふやうなことに関してでございまするが、是は私共も仰せの如く同じやうなことを耳に致して居りましたので、諮らずも自分がさう云ったやうなことに対しまして責任の地位に立ちましたので、さう云ったことに対しまして間違って居ることがあるならば是正をして参りたいと考へまして、色々事実の真相を調べて見たのであります、必ずしも絶対にさう云ふことがなかったとは申し上げ兼ねまするのでありまして、一部遺憾な事例もあるやうであります、併し将来は左様なことのないやうに、適正に運営して参りたいと斯様に存じて居ります……

という風に、「官邊の強制」について「一部遺憾な事例もある」ことを政府自身が認めています。


 この方強制連行についての基本的な知識に乏しいのですかね?
これは日本政府として 強制まがいのことはしてはならない と言っています
ちなみに全文どうぞ


東京大学出版会「帝国議会貴族院委員会速記録昭和篇 複製版104巻 81回議会,昭和17年」より
(政府委員田中武雄)「・・・・それから次は創氏の問題、志願兵問題等に付きまして、官邊の強制と云ふやうなことに関してでございまするが、是は私共も仰せの如く同じやうなことを耳に致して居りましたので、諮らずも自分がさう云ったやうなことに対しまして責任の地位に立ちましたので、さう云ったことに対しまして間違って居ることがあるならば是正をして参りたいと考へまして、色々事実の真相を調べて見たのであります、必ずしも絶対にさう云ふことがなかったとは申し上げ兼ねまするのでありまして、一部遺憾な事例もあるやうであります、併し将来は左様なことのないやうに、適正に運営して参りたいと斯様に存じて居ります、特に志願兵制度等に付きましては、総督の言明でありまして、新聞に何十萬志願者があったと云ふやうなことを余りに書くことは、一面に於いて由なき宣伝のやうにも見えるし、又それが為に“道”の競争と云ふやうな心理を誘発する虞れもあるから、何倍にならうがそんなことは差し支えないから、一切新聞に書かすなと云ふことを厳命されまして、確か今年は何倍あったと云ふやうなことは新聞には一切書かさなかったと記憶を致して居ります。左様な状況でありまするので、将来とも一層留意を致したいと思ひます、次は一つ速記を止めて戴きたい」
 これ他のサイトでは・・・

<丶`∀´>「志願兵募集に於ける、各“道”の競争を煽りたてるような新聞記事は総督府の肝いりだったんニダ!創氏令についても同様ニダ!!」

っと言っていたんですがねw
さらに 新聞にも煽るような記事を書くな! とも言っています
どう読んでも、日本政府が強制しているとは読めません
たとえば、朝鮮人のブローカーが強制連行まがいのことをしていたら、
それは日本のせいなのでしょうか?
犯罪者がいるのは日本が悪いからだ!でしょうか?w

強制連行は末端の官吏が行った
   ↓
末端でも役人は役人。日本政府だ。
   ↓             ←ここの論理の飛躍がわからない┐(´ー`)┌ヤレヤレ
日本の『政策』によって強制連行は行われた!


 更にその志願兵の階級に注目してみれば朝鮮総督府は職業的にみるとその八、九割が小作農であり、その他は若干の事務員、官公吏を除いては、給仕、小使い、雇人等だったと言っています。前回、言ったとおり、朝鮮の小作民とはその大部分がかなり厳しい貧困状態にあった訳で、「飢える」か「兵隊に入る」かの二者択一だったわけです。その様な但し書きをせずにただ「志願兵制度だった」と言うのはやはり意図的な隠蔽と言わざるを得ません。

この人本当にこの本を読んだんでしょうか?
まず前回言ったとおり死ぬほど飢えてはいません
逆に人口が増加してます
だから飢えるか兵隊にはいるか二者択一というのはおかしい話です
それにマンガ嫌韓流にも書いてありますが


 朝鮮人特別志願兵応募状況
 年次別        採用数     応募者     倍率
1938年(昭13)  408    2,948  7.7
1939年(昭14)  613   12,348  20.1
1940年(昭15) 3,060  84,443  27.6
1941年(昭16) 3,206 144,743  45.1
1942年(昭17) 4,077 254,273  62.4
1943年(昭18) 5,300 303,294  56.7

志願兵の応募は1938年からですが最初の頃の応募数は少ないのです
なぜ貧困に飢えているのなら最初に殺到しなかったんでしょうか?
むしろ後の方が増えています
中には血書による嘆願だされ希望が入れられずに自殺までした青年も現れた
という話もあるくらいですからスゴイ反響ぶりですね


『マンガ嫌韓流』では志願兵の理由を

【アジアを植民地にして人種差別を行っていた欧米への反感から大東亜聖戦の勇士として活躍したいと考えていた者もいたでしょう】

などと言っていますが、これが嘘であることもまた明らかです。もし志願兵がそのようなポジティブな理由により志願したのならば、何故裕福な人は志願しなかったのか?答えはただ一つしかありません。


 裕福な人は志願しなかったと決めつけてますけど・・・
 洪思翊なんかは両班の生まれですよ?
両班とは韓国で言ういわゆる貴族です。
裕福な人が志願しなかったというのはそれこそ嘘じゃないですか?
ちなみにのちに大統領となった朴正熙は貧しい家庭の出だそうですから
実力を認められれば分け隔て無く出世出来たんですね

他にも余りにも突っ込みどころが多いんで、
そのうち美味しんぼの嘘を暴けみたいな世界史コンテンツ
作れたらいいなぁ〜っと思ってます・・・
気長に待ってください|-^)ノ

おまけ;
日本人として戦った朝鮮兵

裁かれるのは誰か−従軍慰安婦連行のウソ−
posted by ADON-K at 02:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 嫌韓流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
  
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

banner_01.gif

この記事へのトラックバック
少女兵器