初音ミクにみっくみくにされたページ    タマ姉かわいいよタマ姉なページ

2007年08月29日

【韓国】KTXが未だ新幹線に追いつけないワケ

【韓国】KTXが未だ新幹線に追いつけないワケ〜「定時運行」の意識に大きな差[08/28]
「定時運行」の意識に大きな差
 「5分未満の遅れは正常な運行と見なします。それが世界の基準です」(KTX輸送安全管理室関係者)「JR東海の平均遅延時間は36秒です。たとえ1分でも遅れればクレームが付きます」(日本の国土交通省国際部職員・横島りゅうた氏)韓国と日本を代表する高速鉄道「KTX」と「新幹線」。両国の鉄道関係部局は、発着時間が定刻に遅れる問題についてどう考えているのだろうか。その意識の違いを、『月刊朝鮮』9月号が報じた。
◆新幹線「たとえ1分でも遅れればクレーム」
 新幹線は日本で運行されている高速鉄道だ。東京と新大阪を結ぶ「東海道新幹線」は1959年4月に着工し、64年10月に開業した。長らく国鉄が運行していたが、87年に民営化され、現在はJRが運行している。
 JRは地域別に分社化されており、新幹線も運行区間によって、「JR東日本」「JR東海」「JR西日本」「JR九州」の4社に分かれている。このうち最も乗客が多い、東京と名古屋・大阪を結ぶ東海道新幹線を運行しているJR東海は、2005年の1年間に1億4350万人を運んだ。同年の新幹線全体の利用客数は3億3608人で、開業以来の合計は82億人を超える。
 韓国の建設交通部と同様に、鉄道の建設・整備を含む、交通に関するすべての分野を管轄する国土交通省の国際部職員・横島氏は、日本の新幹線が他国の高速鉄道に比べ優れている点は何かという質問に対し、「東京・新大阪間は1時間に12本の列車が走っている。これだけ高密度なダイヤで運行しているのは世界でも日本以外にない。それでいて、新幹線は1964年の開業以来、乗客の死亡事故が1度も起きていない」と答えた。
 横島氏はさらに、「新幹線は出発・到着の時間が1分でも遅れれば、乗客からクレームが付く。JR東海の平均遅延時間は、天災が起こった場合も含め36秒で、それだけ遅れがないということで信頼を得てきた」と強調した。
 また、日本に15年住んでいるイ・テフンさんは、「日本では地震などの天災が起こったり、線路に飛び込んで自殺する人がいない限り、決まった時間に出発し到着する。列車が遅れれば、JRが「当社のミスにより、乗客の到着が遅れた」という証明書を発行してくれる。この証明書を提出さえすれば、学校や会社への遅刻も本人の責任ではないとして不問にしてくれる。
また、電車に乗っていて事故で遅れた場合には、他社の路線に乗り換えるための乗車券をくれるため、さらに料金を負担することなく、行きたいところまで行くことができる」と話した。

◆KTX「5分未満の遅れは正常な運行」
 一方、韓国の高速鉄道KTXの場合、鉄道庁の資料によると、2007年上半期に運行された計2万7009本の列車のうち、出発が遅れた列車は2145本(7.9%)だった。このうち、5分から9分遅れた列車は1809本、10分から19分遅れた列車は295本、20分から29分遅れた列車は19本、30分以上遅れた列車は22本だった。ただし、1分から4分遅れた列車はこの中にカウントされていない。
 KTX輸送安全管理室の関係者は「KTXは定時運行の基準を5分未満と定めているため、定刻から5分未満の遅れは統計には含まれていない。外国でもこのようなケースは多い。長距離の高速鉄道の場合、20分以内の遅れであれば定時運行と見なすところもある」と語った。

 この関係者はまた、「“定刻から5分以内に出発した列車は遅延とは見なさない”という基準は、政府が投資する機関や審議委員会での議論の末に決定したもので、KTX運行部門の自主的な内規である“顧客サービス憲章”にも記されている」と話した。
 さらに「2004年4月のKTX開業当時は、他の列車と同様、10分以内に出発した場合は遅延と見なさなかったが、同年10月から12月にかけて再度審議を行い、遅延と見なさない時間を5分未満とした」と説明した。
 05年に運行されたKTXの列車5万185本のうち、定刻より5分以上出発が遅れた列車は3185本で全体の6%だった。また06年は5万2627本のうち、4400本(8.3%)が定刻より5分以上到着が遅れた。

 「5分未満の遅れはケンチャナヨです。それが世界の基準です」

 「JR東海の平均遅延時間は36秒です。たとえ1分でも遅れればクレームが付きます」

 「日本がHENTAIの域だと思うけど、30分も遅れる列車が20本もあるのは問題だと思うわよ」

 「なんで日本はそこまでアホなんですか」

 「定刻通りにただいま到着」

 「日本と比べなきゃいいやん」

 「ダメなんです!日本に勝たなきゃ意味がないんです!!

 「無茶しやがって・・・」
posted by ADON-K at 01:42 | Comment(12) | TrackBack(1) | 韓国ソース保管庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
  
  1. rum at 2007年08月29日 02:00

  2. 開業たかだか4年で44年に追いつかれたらかなわんわ。
  3. 名無し at 2007年08月29日 02:06

  4. クレーム以前に最短3分間隔(<丶`∀´>で言うとソウル首都圏電鉄並みかそれ以上の頻度)で運転しているので、トライダーG7以上にクリティカルな状況だと思って下さいw>非鉄の方へ。なもんで、韓国の基準で運転なんぞやったらとんでもない事になります。

    ※新幹線だけで完結せずに、名古屋とか米原とか新大阪とかで在来線と接続していて、その駅で待ってる列車と客が全て「定時到着前提」で行動している恐ろしい状態ですからねぇ。例えば岡山着の在来線の特急が遅れても、東京行きののぞみは5分くらいしか待ってくれません。
  5. 430 at 2007年08月29日 04:30

  6. 日本ってほんとある一分野では突き抜けたものを持ってるよな。
    ケンチャナヨ精神持ってなくともこの正確性はクラクラするわ。
  7. どーも at 2007年08月29日 06:01

  8. ダイヤを守るための中国式努力。
    http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1022878.html

    ……嫌過ぎる。
  9. 銀の翼に at 2007年08月29日 06:47

  10. これまた懐かしいネタを
  11. アンカー at 2007年08月29日 10:25

  12. 日本人の意識としては
    『邪魔するものが無いレールの上を走るのに、何で遅れる事が起こるのか?』

    韓国人の意識としては
    『バスも遅れるじゃん?列車だって遅れるよ。つーか日本人は几帳面すぎてキメェw』(留学生からの言葉w)

    って違いがあるみたいですね。

    ※ここでのバスは、韓国のバスであって日本のバスではありません。日本のも普通に10分くらい、渋滞だと20分くらい遅れる時あるけどね。
  13. 匠 at 2007年08月29日 13:42

  14. 日本の場合はヨーロッパと違って始発駅の待避線やホームの数が少ないので一本遅れると連鎖的に全ダイヤがトンでもないことになると言う実情も絡んでいるのです。
  15. むじな at 2007年08月29日 17:52

  16. 素朴な疑問なのですが、
    KTXはフランスが開発した物を買ってきたのですよね?
    当然新幹線は日本独自の技術です。
    一体何に対して追いつこうとしているのでしょう?
    運用テクニック?
  17. at 2007年08月29日 19:24

  18. 「(日本の指導により)数時間遅れも日常茶飯事であるインドの公共交通機関の中で、地下鉄だけが数分の誤差で正確に運行されている。」(麻生太郎著「とてつもない日本」p11)

    インド人もやればできるんです。
  19. 案山子 at 2007年08月30日 00:09

  20. >「5分未満の遅れは正常な運行と見なします。それが世界の基準です」
    基準に達して満足するかそれ以上を目指すかは大きな違いだ
  21. 高台 at 2007年08月30日 03:12

  22. 定時運行の異常さは日本人の職人気質ではないでしょうか。ダイヤグラムも見事だし、ある種職人技。けど最近はその技も忘れがち、残念。
  23. at 2009年12月23日 01:19

  24. http://izanami668.blog16.fc2.com/blog-entry-60.html

    いや恐ろしや
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

banner_01.gif

この記事へのトラックバック

【轢死体貼り付けて走行しても問題ない( `ハ´)アル】特亜高速鉄道の恐怖【5分以内の延着発は定時<丶`∀´>ニダ】
Excerpt: KORAILはいつからアムトラックになった。 特定アジアニュース: 高速鉄道KT...
Weblog: Katsuya Maguro Trickstar Web(痴女マニアックスちゃいますw)
Tracked: 2007-08-29 02:07
少女兵器
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。