初音ミクにみっくみくにされたページ    タマ姉かわいいよタマ姉なページ

2007年08月16日

【韓国】首相退任後もブレない姿勢を示した小泉前首相…安倍首相に無言の圧力?

【靖国参拝】首相退任後もブレない姿勢を示した小泉前首相…安倍首相に無言の圧力?
 小泉純一郎前首相は15日午前、東京・九段北の靖国神社を参拝した。2年連続での終戦記念日参拝となる。小泉氏はいまだに高い国民的人気を誇り、「小泉新党」の噂も絶えない。退任後もブレない姿勢を国民にアピールするとともに、内閣改造を27日に控えた安倍首相に無言のメッセージを送ったという見方もある。

 小泉氏は同日午前8時19分、警護のSPらとともにモーニング姿で靖国神社を訪れ、穏やかな表情で参拝を済ませた。
 記者団から「どういう気持ちで参拝したのか?」と質問が飛んだが、終始無言で足早に立ち
去った。
(中略)
 自民党関係者は今回の小泉参拝について、「小泉氏の個人的心情が第1だろうが、一部新聞で前打ちさせ、テレビカメラの前で参拝したことは政治的存在感を示す狙いがある」として、こう続ける。
 「参院選惨敗で、安倍内閣は墜落寸前の超低空飛行を続けている。小泉氏自身は『再登板は100%ない』と公言しているが、安倍首相が郵政民営化を初めとする小泉改革路線を大転換するなら話は別。靖国参拝でブレない姿勢を示し、『小泉新党』もあり得る姿勢を示したのでは」

 別の永田町事情通もこう話す。
 「安倍首相は昨年9月の内閣発足の際、郵政造反組を入閣させなかったが、今回、挙党態勢の名の下、保利耕輔元文相など郵政造反組の入閣がささやかれている。小泉氏は参院選前後、『改革を後退させるな』と何度も安倍首相を励ました。小泉氏の行動は、改造に対する牽制(けんせい)の意味もあるだろう

 「小泉さん参拝したのね」

 「退任後ブレない姿勢は好感が持てる」

 「これは内閣改造を27日に控えた安倍首相に無言のメッセージを送ったのです」

 「無言のメッセージ?」

 「これは内閣改造への牽制なのです」

 「マスコミの想像力は異常」


posted by ADON-K at 01:03 | Comment(2) | TrackBack(0) | 韓国ソース保管庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
  
  1. 名無し at 2007年08月16日 01:47

  2. 「人として軸がブレてない」wwwww
  3. at 2007年08月16日 02:27

  4. ブレブレブレブレx4

    終戦日、俺はテレビをみていた
    やることもないから、ぼうっと見ていた
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

banner_01.gif

この記事へのトラックバック
少女兵器
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。