初音ミクにみっくみくにされたページ    タマ姉かわいいよタマ姉なページ

2007年08月03日

【NYT】参院選惨敗は、安倍首相の軍国主義復活路線に対する国民の拒否反応。対中韓関係の改善を急げ

【NYT社説】参院選惨敗は、安倍首相の軍国主義復活路線に対する国民の拒否反応。対中韓関係の改善を急げ [08/01]
【社説】 絶体絶命の安倍首相 (原題: Mr. Abe on the Ropes)

支持率低迷が著しい日本の安倍首相は、去る日曜日の参院選での獲得議席が改選121議席中37議席に終わるという事態を受けてもなお、辞任するつもりは無いと強弁している。衆議院の過半数を確保している以上、法律上は辞任の必要は無いわけだが、選挙結果の政治的メッセージは明らかである。職にとどまる決心であるなら、路線を変えるべき、ということだ。

言い換えれば、軍国主義(military nationalism)を鳴り物入りで復活させようという努力に割くエネルギーを大幅に縮小し、実効性のある政策の実施や政府の清廉性向上に振り向けるエネルギーを大幅に拡充すべき、ということである。前任者の小泉首相も軍国主義者(military nationalist)ではあったが、これらを実行したことで指導者として成果をあげることが出来ていたのだ。

この選挙自体は、戦時中の残虐行為の否定や軍事面での制約の緩和、平和憲法の改訂といった安倍首相の民族主義的政策に対する明示的拒絶ではない。だが、現時点における日本外交の主目標が、中国や韓国といった近隣諸国・貿易相手国との間に健全な関係を築くことであるはずだということを考えれば、1930・40年代に日本軍国主義がもたらしたいまだ癒えぬ傷に塩を塗るような行為は賢明とは言えない。

有権者が背を向けたのは、安倍首相が関心があるのは軍国主義復活だけだと彼らが感じたためである。急速な高齢化の中で年金制度を守ること、といった最重要課題を、安倍首相は無視した。また、古い金権政治を打破するキャンペーンの一環として小泉前首相が追放したはずの政治家らを安倍首相が復党させたことも、有権者らを一層離反させる結果となった。

参院選で大勝したのは、野党の民主党だ。民主党の立場は自民党と同じ中道右派だが、安倍内閣の過去10ヵ月のドタバタや不祥事の重荷を負っていない点で自民党とは異なる。もし民主党の勝利が、真の二大政党政治の出現をも意味するものであるならば、それはすべての日本人にとってグッドニュースであろう。

戦後のほぼ全期間、日本は一党支配政治に苦しんできた。一党支配政治の結果、政治腐敗や利益誘導による税金の無駄遣いがもたらされてきたのだ。小泉前首相に人気があったのは、そうした政治風土に正面から立ち向かったからであるが、安倍首相はそうした政治風土に無条件降伏したことで、今や政治的代償を支払わされている。

 「NYTも絶体絶命の安倍首相と社説を掲載したのです」

 「また大西か」

 「それにしても軍国主義の復活って・・・」

 「いつそれが争点になったのかと小一時間・・・」

 「安倍首相が惨敗したと言うことは憲法改正すべきではないという意思表示なのです」

 「ありのままを話すぜ。参議院選で憲法改正反対したことになっていた。アサヒとか赤旗とかそんなチャチなもんじゃねぇもっと恐ろしいそんな片鱗を味わったぜ」

 「こうやって・・・」

安倍首相の政治姿勢を酷評=自民惨敗で−NYタイムズ
 【ニューヨーク1日時事】1日付の米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は、参院選での与党惨敗に関連して「絶体絶命の安倍首相」と題する社説を掲載した。その中で同紙は、「年金制度の維持といった本質的な問題を無視し、(憲法改正など)軍国主義の復活に固執している印象を与え有権者に懸念を抱かせた」と指摘した上で、「極めて不人気な首相」と酷評した。

 「こんな記事になるのね」


posted by ADON-K at 01:31 | Comment(5) | TrackBack(1) | NYタイムズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
  
  1. 大山サドル at 2007年08月03日 02:01

  2. そういや選挙終わって、急に年金とか社保庁とかメディアに出てこなくなったすねー(棒

    自治労系のアジビラにも「自治労を叩く与党にNoが突きつけられた」とか超解釈がのってましたが。
  3. ヘロヘロ at 2007年08月03日 10:05

  4. ほらもう年金のネの字も出てこなくなった(激藁)
    国民はマスコミ様の手の平の上だぜ(激藁藁)
    こんちくしょう
     
    これから大量に定年される団塊の皆様には
    ぜひぜひネットでメディアリテラシーを深めていただきたいものだ。
    我々若い衆ができるのはキーボードの使い方とエロサイトの巡り方を親父様に教えることだね。
  5. ティーレプ at 2007年08月03日 21:42

  6. ウチの御用組合のミンス候補も30万票の動員票にて比例当選しやがりました。
    もうね、略歴とか見てると「労働貴族」から「政治家」への典型ですな。
    ミンスにもコイツにも票は入れんかったけどな。

    ちゃっかり組合費は取るくせに、俺らの待遇悪化を会社とグルで推進して
    あぁ政治活動ですか(ホントに苦笑)、そのくせ組合脱会すると人事報復w
    O崎T子とかも準組織内候補とかでナニが何やら。
    ウチの会社はマトモな労組が無ぇ...orz (あとは全労の共産系だw)

    もう労働組合から政治へみたいな時代じゃないのかも知れんが、
    アホゥな政党が「反対反対!!」だけやってるのなら自民に頑張って
    もらうほうがまだマシ(ウチは米の圧力が強い会社ですがw)です。
    報復人事が怖くても組合費外の「強制任意」の政治資金払いは断りましたよ。
    最近は何のための組合なんだか...お前ら会社よりタチ悪いわ!w
    ホネのある労組がドロップアウトしてくれないかなぁ(涙
  7. ディケルス提督 at 2007年08月03日 21:50

  8. >有権者が背を向けたのは、安倍首相が関心があるのは軍国主義復活だけだと彼らが感じたためである。

    何でもカンでも軍国主義ってか。物凄い妄想体質だw クスリが切れたのか?
  9. 相良 宗介 at 2007年08月04日 20:16

  10. この記事は、どうやらオオニシが書いた記事じゃなさそうです。

    オオニシの巣窟に電凸したところ、

    『オオニシが書いた記事は、すべて署名してあります。この記事には署名が無いので、NYT本社の社説担当が書いた物ですね』

    との回答でした。


    つまりNYTは、アメ本社も築地の分家も…

    『ふぅ、バカばっか』(←ホシノ・ルリ)
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

banner_01.gif

この記事へのトラックバック

童貞卒業!
Excerpt: 正確にはセ◎レなんだけど。。(笑) いきなりかよ(笑)
Weblog: ついに彼女できた(泣)
Tracked: 2007-08-06 09:06
少女兵器
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。