初音ミクにみっくみくにされたページ    タマ姉かわいいよタマ姉なページ

2007年07月28日

【サッカー】AFCの不手際で前代未聞の30時間ドタバタ移動

【サッカー/日本代表】AFCの不手際で前代未聞の30時間ドタバタ移動…オシム監督もイライラ
アジア杯3連覇の夢絶たれたオシム・ジャパンにさらなる試練が待っていた。05年8月7日の東アジア選手権以来の宿命の韓国戦2日前に、日本代表は前代未聞のドタバタ移動劇に巻き込まれた。
「何て言えばいいんだ。選手でないあなた方も疲れたでしょ。それで分かるでしょ。これでまだ着いていない。明日も移動があるんですよ」午後10時50分、ジャカルタ空港に到着したオシム監督は怒りをまき散らした。

まさかの準決勝敗退後、ハノイ市内の5つ星ホテルに到着したのが翌午前零時。しっかり休養して午後1時30分、23日間過ごしたハノイからクアラルンプール経由でジャカルタへ向かった。最速の便なら7時間弱で到着できたが、AFC側の不手際で9時間の大移動。そのまま、空港近くのホテルへと入った。だが、指揮官の激怒にはもっと深いワケがあった。宿敵との運命の決戦前日の日程が二転三転していたのだ。
「完全にAFCの不手際。午前6時出発便を一時押さえていたのに、なぜか手放してしまった」日本代表関係者の話では、当初は27日午前6時便でジャカルタからパレンバンへ出発予定。現地で休息して、練習する予定が、大会の宿舎、移動を管理するAFCの大失態で、選手、スタッフの航空券が失効。練習時間も移動便も決まらない“迷子状態”に立たされた。

代表スタッフがクアラルンプールでの乗り継ぎの待ち時間中に必死に代替便確保に奔走。確定までは至らなかったが、ハノイを出てから30時間以上後の27日夜現地入りし、競技場で練習後、公式記者会見に臨むというメドは何とか立った。傷心のチームには泣きっ面にハチの一日だった。

死闘をくぐり抜けてきたイレブンの疲労はすでに限界寸前。「条件の違いで言えば、こちらが不利なのは間違いない」老将はメンバー変更を示唆するが、韓国戦は次回11年大会のシード権もかかる負けられない戦い。この日、インドネシアを襲ったマグニチュード6・9の地震級の打撃から、日本代表は立ち直ることができるのか。

 「オシムジャパンピンチですね〜ホルホルホル」

 「あら?イラクvs韓国戦の前にもなんかなかった?」

 「あったね・・・」

【サッカー/アジア杯】イラク・ビエイラ監督がアジア連盟の不手際に激怒!総勢31人に対して8部屋提供
25日の韓国戦を控え、イラクのビエイラ監督がアジア連盟の不手際に怒った。23日にバンコクからクアラルンプールへ移動。ホテルへ到着したが、ロビーで4時間も待たされた上、提供されたのは総勢31人に対して8部屋だったという。

練習開始も遅れ、夕食は翌24日の午前1時半。ブラジル人指揮官は「南米選手権や欧州選手権と同格の大会ではあり得ないこと」と吐き捨てた。怒りは韓国にぶつけるしかなさそうだ。

 「こんなこと言いたくないけど韓国戦の前に多くない?」

 「気のせいですよ気のせい」

 「うーん・・・」

 「負けられない戦いがそこにはあるのです!!

 「本気で思ってるのが恐いわよね」

 「日本がんばれー」


posted by ADON-K at 02:27 | Comment(2) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
  
  1. 菅 at 2007年07月28日 07:59

  2. 日本頑張れー
    サッカーはあんまりわからんが、もし負けるとあちらさんにボロクソ言われそうだからねw
  3. 名無しさん at 2007年07月28日 10:17

  4. >>怒りは韓国にぶつける
    日本代表も同じ気持ちでやってほしい物ですw
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

banner_01.gif

この記事へのトラックバック
少女兵器
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。