初音ミクにみっくみくにされたページ    タマ姉かわいいよタマ姉なページ

2007年07月27日

【サッカー】怨讐「日本」とこのような形で出くわすとは

【サッカー】アジアカップ:3位決定戦で2年ぶりの韓日戦 怨讐「日本」とこのような形で出くわすとは[07/27]
怨讐「日本」とこのような形で出くわすようになろうとは、一体誰が予想しただろうか。

 韓国は2007年アジアカップの3位決定戦(28日午後9時35分、韓国時間)で宿敵日本と対戦する。2005年8月7日に大邱で行われた東アジア大会で対戦(1−0で日本が勝利)して以来、2年ぶりに行われる運命のAマッチだ。

 このニュースは、試合が行われるインドネシアのパレンバンでもひときわ注目されている。なぜなら決勝戦よりも韓日戦により大きな関心が注がれているためだ。もはや韓日戦はアジアといった地域的レベルを超越してしまっている。イングランド−アルゼンチン戦、ブラジル−アルゼンチン戦、イングランド−フランス戦、ドイツ−ポーランド戦などとともに、国際サッカー連盟(FIFA)が指折るライバル戦として成長したのだ。しかしこれとは裏腹に、決勝戦が行われる首都ジャカルタは早くも静まり返っている。

 こうしたことからも、この試合は3、4位決定戦とはいえ、決して負けることのできない一戦となった。その上、今大会の3、4位決定戦には、2011年アジアカップ本戦行きのチケットが懸かっている。アジアサッカー連盟(AFC)は最近、2007年のアジアカップで1−3位に入賞したチームには、2011年アジアカップでの本戦進出を約束するとした。

 客観的な戦力では日本が一枚上手といえる。ピム・ファーベーク監督も「今大会では日本が一番印象的だ」と称賛している。組別リーグでC組を1位(2勝1分け)通過した日本は、ベスト8で優勝候補筆頭のオーストラリアと1−1で引き分け、これをPK戦(4−3)の末、下した。準決勝ではサウジアラビアに惜しくも2−3で敗れたものの、5試合で実に11得点をたたき出す力強さを発揮した。

 一方の韓国は1勝(3得点)しかしていないにもかかわらず、ベスト4(総合成績1勝1敗3分け、PK戦はFIFAの公式記録では引き分けとされる)進出を果たした極めて「まれなケース」とされている。

 これに加えて、韓国はイングランド・プレミアリーグ(EPL)に属する朴智星(パク・チソン)、李栄杓(イ・ヨンピョ)、ソル・ギヒョンといった主力を欠いているのに対し、日本には2006−07シーズンのスコットランド・プレミアリーグで年間最優秀選手(MVP)に輝いた中村俊輔(セルティック)や高原直泰(フランクフルト)などヨーロッパ仕込みの主力が布陣している。

 しかし、Aマッチでの歴代対戦成績は、38勝12敗18分けと韓国が大きく勝ち越している。両チームは、1998年フランス・ワールドカップ(W杯)の予選で対戦して以降、アジアカップの本選で一度対戦しただけで、FIFAやAFCが主催する大会では一切対戦していない。このほか、アジアカップでは88年のカタール大会で対戦しているが、このときはファン・ソンホンとキム・ジュソンが相次いでゴールを決め、韓国が2−0で勝っている。

 とにかくサッカーは、相対性が大きく影響してくるスポーツだ。特に韓日戦では、こうした傾向が強いといえる。 28日、勝利の女神は果たしてどのチームに微笑むだろうか。

 「怨讐「日本」との一戦をこのような形で迎えるとは」

 「怨讐・・・」

 「まぁたぁ日本戦で深夜の馬鹿力でも出してくるのかしら」

 「負けられない戦いがそこのはある!!

 「日本選手逃げてー」

 「怪我だけはしないでもらいたい・・・」


posted by ADON-K at 02:06 | Comment(8) | TrackBack(1) | 韓国ソース保管庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
  
  1. at 2007年07月27日 04:21

  2. オシムは勝ちに行っていた今までとはメンバーかえるらしいw

    フランス大会後のアジアカップということは、
    日本が優勝した大会なわけで、そこで当たったときの話をスルーして、20年も前の話を持ち出すとは、なんと言うウリナラマンセーw
  3. むーん at 2007年07月27日 07:20

  4.  さすがだ・・・
     怨讐 なんて単語をスポーツイベントで使うか・・・

     というか、試合してほしくないわ
     平気で壊されるしな・・・
  5. ヘロヘロ at 2007年07月27日 09:30

  6. 野球なら
    ・死球
    ・殺人スライディング
    ・足元ボールコロコロ
    に時々のタイミングで気をつけておけば良いのですが、
    サッカーは釘とか延髄切りとかの恐怖が
    ずっと続くので本当に心配。
  7. daradaru at 2007年07月27日 19:52

  8. しかし自意識過剰すぎるなこいつら。
  9. 五月雨祭 at 2007年07月27日 21:43

  10. 勝敗より本気で選手の事が心配です・・
    何でサッカーで生き死にの心配させられるのか。
  11. クニ at 2007年07月28日 00:46

  12. 日本は昔韓国に蛮行の限りを尽くしたのだから、怪我ぐらいでがたがた言うなと選手達が本気で思っているかもねw。
    スポーツを純粋な物でなく、いろんな不純な考えを盛り込んで来る国ですからねーw。
  13. 横 at 2007年07月28日 00:55

  14. 仮に日本が勝つと
    「ロビー活動」とか「買収」とか、言いそうだなぁ。

    日本が負けたら負けたで「ホルホル」して五月蝿い連中なんだが・・・

    スポーツマンシップという言葉は、韓国語においては「別の意味」の様ですし・・・

    また音攻とか騒がしくするんだろうな。
  15. A.Na at 2007年07月28日 02:20

  16. 『恩讐の彼方に』って小説があったと思いますが、日韓の場合、恩讐の彼方にさらなる恩讐が待っているのが分かり切っているのがやりきれない。
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

banner_01.gif

この記事へのトラックバック

アジアを考える
Excerpt: 東アジアの国々はそれぞれ独自の文化を持つが、いずれも古くは中国の影響を受けている。中国、日本、韓国、台湾では漢字を共通して使用するほか、瓦を用いた建築や箸を用いる食文化などに共通点が見られる。これらの..
Weblog: アジアを考える
Tracked: 2007-08-07 20:06
少女兵器
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。