初音ミクにみっくみくにされたページ    タマ姉かわいいよタマ姉なページ

2007年07月13日

【韓国】KTXで乗客の転落事故乗務部「工事部が悪い」→工事部「乗客も悪い」

【韓国】KTXで乗客の転落事故・・・乗務部「工事部が悪い」→工事部「乗客も悪い」[07/12]
KTXの乗客が慶南密陽駅を出発した列車から落ちて怪我をする事故が起こった。高速鉄道安全管理体系に対する論難がおこっている。

去る8日、釜山を出発しソウルに向かった第186号高速列車が夜10時頃に密陽駅で停車。出発する瞬間に乗り場から下りていた乗客のソ何某(17)嬢が急に列車に乗りこみ、中間の昇降足場に右足が挟まった。

まだ足を引くことができないうちに列車は出発し、ソ某さんは列車が進む中で取っ手を取ったまま15〜20m程度引かれて行き、途中の乗り場終り地点で墜落した。この事故でソ某さんは頭と足に擦過傷を負い、密陽嶺南病院に移されて治療を受けた。

列車はソ某さんが落ちる場面を目撃した一乗客が急いで非常ベルを押した後で止まっている。事故を受けて全国鉄道労動者組合KTX列車乗務支部は「鉄道工事がKTX乗務員数を減らし、乗務員業務で安全業務を除いた結果」と言って鉄道工事を批判した。

KTXが去る2004年に開通した当時には、列車チーム長と乗務員3人等4人が列車の中で安全とサービス業務を一緒に引き受けて来たが、不法派遣論難がにじみ出た去年の2月から乗務員数は2人に減り、業務も安全分野を除いたサービス分野にだけ制限された。最近では一部の乗務員たちが品物販売まで引き受けている。

乗務支部のバク・マヒ状況室次長は「不法派遣の是非を憂慮して外注乗務員たちに安全教育さえ実施しない状況で、乗務員たちがどういった才能で不意の安全事故に対応することができるのか」と話した。

これに対し鉄道工事のキム・ハクテ広報室長は「鉄道工事に最大の責任はあるが、夜10時という安全の死角地帯に起きた異例的な事故で乗客にも日程責任がある」と言った。

 「乗客が風の息づかいを感じていれば事故が起こることはなかったのです」

 「その発想はなかった」

 「KTXって韓国の新幹線でしょ?」

 「そうね・・・」

 「何やってるんだか・・・」

 「つまり新幹線の技術を渡さなかった日本のせいということに決定します♪」

 「いいそう・・・」


posted by ADON-K at 00:58 | Comment(3) | TrackBack(0) | 韓国ソース保管庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
  
  1. ゆう at 2007年07月13日 12:49

  2. いくら日本製のいい技術使ったって、実際に使う方がアホだったら同じ事になると思うが・・・。
  3. 名無し at 2007年07月13日 18:36

  4. ヒールでも挟まったのでしょうかねぇ。
    (KTXはフランスのTGVほぼそのまんまです。新幹線と違って列車に乗り込むのにステップを上る必要あり)

    KTXドア
    ttp://www62.tok2.com/home/tsubame787/seat_ktx/deck/01.jpg

    TGVドア(KTXと同様の構造:開放時)
    ttp://www.ne.jp/asahi/thankyou/2200/555m-7.jpg

    TGVドア(閉鎖時)
    ttp://www.ne.jp/asahi/thankyou/2200/555m-9.jpg

    ご参考:山形新幹線ドア(収納式補助ステップあり)
    ttp://www62.tok2.com/home/tsubame787/seat_400/deck/01.jpg

    東海道新幹線300系ドア
    ttp://www62.tok2.com/home/tsubame787/seat_300/deck/01.jpg
  5. ティンダロスの猟犬 at 2007年07月14日 23:40

  6. 未開人に、高度な文明の利器を渡しても使いこなせないのでしょうね。
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

banner_01.gif

この記事へのトラックバック
少女兵器
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。