初音ミクにみっくみくにされたページ    タマ姉かわいいよタマ姉なページ

2007年05月16日

【米国】国防総省幹部「日本は次期主力戦闘機にF35検討を」

【米国】 国防総省幹部、「日本は次期主力戦闘機にF35検討を」〜政権内にF22を提供することで中国との関係悪化を懸念する見方も [05/15]
■米国防総省幹部、「日本は次期主力戦闘機にF35検討を」(5/15)※

 米国防総省で装備の調達などを担当するケネス・クリーグ次官はフィナンシャル・タイムズ紙のインタビューで、日本は次期主力戦闘機として「F22ラプター」ではなく、「F35ジョイント・ストライク・ファイター」の購入を検討すべきだと述べた。

 日本は現在の「F4ファントム」に代わる主力戦闘機を2008年に選定するとみられている。候補には米ロッキード・マーチンなどが製造するF22、F35のほか、ボーイングの「F15」、「F18」、欧州ユーロファイターの「ユーロファイター・タイフーン」が挙がっている。

 米空軍向けに生産されるラプターは、第5世代といわれる最新の戦闘機の中で最も高い機能を持ち、日本の航空自衛隊が導入を支持している。だが、クリーグ国防次官は「F22は設計、開発、製造段階で輸出することを考慮していない」と述べた。

 現在の米国の法律ではF22の輸出は禁止されており、米政府は以前、同盟国であるオーストラリアからのアプローチを拒絶している。重要な機密の流出を懸念するためだ。米政権内にはF22を日本に提供することで中国との関係が悪化することを懸念する見方もある。

 日本政府は久間章生防衛相が最近のワシントンでのゲーツ米国防長官との会談でF22の問題を取り上げるなど、ラプターを巡って積極的なロビー活動を展開している。シーファー駐日米大使は「日本の次期主力戦闘機がジョイント・ストライク・ファイターとF22の組み合わせで落ち着くことを望む」と述べている。

 一方、米国ではこのところ、国防費増大の要因としてリード・システムズ・インテグレーター(LSI)モデルと呼ばれる装備調達方式が批判の的となっている。クリーグ次官はこれに関して、LSIがコスト増加につながっているとの見方を否定した。

 「ホルホル、ラプターはこないのですよー」

 「いやだいやだー日本いいのー」

 「そんなこと言われても・・・」

 「日本はそろそろ変えなきゃだめよ」

 「まあ、半世紀前の戦闘機だし・・・」

 「日本はそれで十分ですよ」

 「使えなくなった時を目がけて・・・」

 「日本を一気に叩くのです!!

 「やっぱ、買ってよ」

 「そうしたいのはやまやまなんだけどね」

【韓国】韓国型イージス艦、その性能と装備とは ★2[05/15]
posted by ADON-K at 03:03 | Comment(15) | TrackBack(2) | ソース保管庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
  
  1. at 2007年05月16日 06:50

  2. 正直、仮想敵国が中韓朝である限りラプたんはもったいない気がする。

    ラプたんにするにしても、2個航空団+教導隊がラプたんであとはF35で良いのでは。

    (つーか、イギリスとの契約上F35の方が輸出のハードル高いと聞いたことがあるが)
  3. みゅう at 2007年05月16日 06:51

  4. http://www.chosunonline.com/article/20070515000049
    全長1165メートル、全幅「にじゅういちてんよんセンチ」の奇跡の船に対抗するにはやはりこちらもレーダーに写りにくいらぷたんを・・・

    二十センチなんてレーダーで気がつかない可能性が高いよ、これ。怖い怖い。
  5. みゅう at 2007年05月16日 06:52

  6. あら、全長間違えてる 165メートルです、1キロは長すぎ。でも21センチは無いだろと・・・

    間違えたとして21メートル? 結構細いよね
  7. Γ8 at 2007年05月16日 10:02

  8. じゃ、JSFを空母で。
  9. Γ8 at 2007年05月16日 10:04

  10. じゃ、JSFを空母で。
  11. at 2007年05月16日 11:07

  12.   _  ∩
    ( ゚∀゚)彡 タイフーン!タイフーン!
     ⊂彡
  13. at 2007年05月16日 13:45

  14. こんごう型が161mの21mだから、まあ、ちょっと長いくらいで、細すぎってこともないと思うけど。
  15. しわよせん at 2007年05月16日 14:05

  16. F35なら、ライセンス契約でお願いします。
    ラプタンみたいに、特殊塗料とか、廃熱管理みたいな特秘事項ほとんど無いんだからいいジャマイカ。
  17. んんー at 2007年05月16日 14:45

  18. なんか、自衛隊さんには

    「戦闘機はエンジン二発じゃないとダメ」

    という変なこだわりがあるらしいですよ。
    多摩川に落ちた件とかが関係してるのかな。

    ま、簡単に言えば
    ・いますぐ渡せる22では、今すぐ米中が緊張する。
     →米政府にありがちな、問題の先送り主義。
    ・35の開発予算が無い。→カネくれ
    ということなんでしょうけれど。

    個人的には垂直離着陸は日本本土防衛の抵抗戦には
    向いていると思うけれど、
    それ以前の洋上で決着つけてくれないと・・・
  19. at 2007年05月16日 16:21

  20. 日本が独自に主力戦闘機開発しようとすれば文句言うのに、売らないっていうのはどうなのか。
  21. at 2007年05月16日 21:00

  22.  そもそもF35が候補に上がらなかったのは
    F4の退役に間に合わないからなのに・・・こ
    の次官、そのことを分かっているのだろうか?

     F35買って欲しいなら、量産型F35Aと
    優先購入権を持ってこい、と言いたい。
  23. ディケルス提督 at 2007年05月16日 21:27

  24. >久間章生防衛相が最近のワシントンでのゲーツ米国防長官との会談でF22の問題を取り上げるなど、ラプターを巡って積極的なロビー活動を展開している。

    この会談の中で久間大臣がF-22の情報開示を求めたものの、アメリカ側から「それには日本の情報管理体制の見直しが必要である」と返されたそうですね。【ラプタンは機密の塊】であることを考えれば当然の話ではありますが。ラプタンの輸出を認めてもらうには、やはり防衛省の防諜体制の見直し&徹底が必要不可欠。日本政府も真剣に取り組んでもらいたいものです。
  25. at 2007年05月17日 02:03

  26. ラプたんがだめなら、ロシア製ヨーロッパ製の戦闘機も真剣に検討してみるべきですね。
    ロシアあたりなら自主開発上の一番のネックであるエンジンについても技術移転が受けられるかも。

    一度「戦闘機用ジェットエンジン」が作れるようになれば後はどうとでもなります。
  27. at 2007年05月17日 02:36

  28. F-Xで国産機を開発しようなんて話はあったか?

    F-35じゃ手に入るのが遅すぎて、F-4EJの代替には間に合わないし、
    F-22が無理ならユーロファイターが現実的になるのだろうか。
  29. 月虹 at 2007年05月17日 21:08

  30. くー、(><)やはりきびしいですか〜。
    でも、将来の導入に向けて地道な交渉を続けてほしいですね。
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

banner_01.gif
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41919681

この記事へのトラックバック

【ペンタゴンは売りたくない】日本はF-35を買えと米国防総省【メーカーは売る気満々】
Excerpt: そのF-35が間に合わんからラプたん売ってくれくれたこらという話ではないかと。 ...
Weblog: Katsuya Maguro Trickstar Web(痴女マニアックスちゃいますw)
Tracked: 2007-05-16 22:17

【ペンタゴンは売りたくない】日本はF-35を買えと米国防総省【メーカーは売る気満々】
Excerpt: そのF-35が間に合わんからラプたん売ってくれくれたこらという話ではないかと。 ...
Weblog: Katsuya Maguro Trickstar Web(痴女マニアックスちゃいますw)
Tracked: 2007-05-26 04:08
少女兵器