初音ミクにみっくみくにされたページ    タマ姉かわいいよタマ姉なページ

2007年01月19日

ネット社会の浸透→家庭崩壊→凶悪事件→だから新聞読め

【講演】毎日新聞委員 ネット浸透で家庭崩壊「好きな情報だけ得られるネットもいいが多様な情報が目に飛込んでくる新聞も読んで
講演:凶悪事件の背景、小川・毎日新聞委員が解説−−川崎 /神奈川1月15日12時1分配信 毎日新聞

 オウム真理教(アーレフに改称)事件などを取材した毎日新聞社長室の小川一委員が14日、川崎市多摩区の長尾会館で「変わる犯罪…動く現場、最近の凶悪事件から」と題して講演した。
 講演会は毎日新聞向ケ丘遊園店(渡辺四郎店長)が開催し、約40人が参加。東京社会部などで事件取材に携わった小川委員は、犯罪の流行発信地が90年代を境に首都圏から地方に移り、考えられなかった事件が頻発していると解説。

 背景の一つにネット社会の浸透による家庭崩壊があると指摘し「好きな情報だけを得られるネットもいいが、紙面を見ただけで多様な情報が目に飛び込んでくる新聞も読んでほしい」と訴えた。【吉住遊、写真も】


× 多様な情報
◎ 偏った情報

【東京新聞】
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1132824963/
>キムチは最近、寄生虫卵騒ぎで不評だが、なあに、かえって免疫力がつく。
 ↓↓↓↓
http://www.tokyo-np.co.jp/00/sha/20070113/col_____sha_____003.shtml
>食品企業ではなによりも品質管理こそ命であるという雪印乳業の教訓を不二家は学んでいなかった。
>同族経営で組織の緩みが指摘されているが安全は守らなければならない。

【毎日新聞】
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1133172334/
>花粉症が抑えられる上に、いくら食べても太らないなどと聞くと、魅力的とすら思う。
>とはいえ、さすがに自分から卵を飲む勇気はない。「キムチで感染したら、ラッキーかもしれない」と頭をかすめ、
>深夜に鍋を平らげた。感染よりも、まず食べ過ぎに注意すべきかもしれない。
 ↓↓↓↓
http://www.mainichi-msn.co.jp/eye/shasetsu/news/20070113ddm005070008000c.html
>材料が複合する加工食品の安全性を消費者が確かめるのはほとんど不可能で、製造者への全面的な信頼に支えられている。
>とりわけ、不二家の製品は大人が子供に与えるものも多く、今回の問題が広げた不安と不信を業界全体でも深刻に受け止める必要がある。


( ━@Д@)「俺たちの選んだ情報だけ読んでればいいんだよ!」


posted by ADON-K at 01:19 | Comment(3) | TrackBack(0) | その他新聞社関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
  
  1. at 2007年01月19日 07:12

  2. 日本の新聞が目を疑うような偏向報道ばかり繰り返しているからネットで批判の声が巻き起こっていることが分からないのですかね。どうも日本のマスコミは社会問題が発生すると本人以外に何か原因を求め、それのせいにして報道するという癖があるみたいです。
    隣国では「親日反民族行為真相究明特別法」などという常軌を逸した無茶苦茶な法案が通ってしまったという、恐るべき事態が発生しているにもかかわらず、これを全く報道しない日本メディアは本当に救いがたい。

    >好きな情報だけを得られるネットもいいが、
    >紙面を見ただけで多様な情報が目に飛び込んでくる新聞も読んでほしい

    「多様な情報を得るために新聞を読め」っすか。その「新聞」に少なくとも朝日や毎日は含まれないことだけは確かですね。
  3. KOU-D at 2007年01月19日 10:03

  4. 多様な情報を得る為に複数のメディアに目を通せってのは理解できますけど、
    だからこそ新聞だけではなくネット『も』見るんでは?

    大体、新聞だって好きな/読みたい情報だけ読んでる場合が多いと思うんだけどなー…
  5. 五月雨祭 at 2007年01月19日 17:48

  6. 隣国の新聞法に目を瞑りネット君臨と言うよりメディア君臨書いている佐賀で県民の代表面しているチラシの裏が何か?
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

banner_01.gif

この記事へのトラックバック
少女兵器
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。