初音ミクにみっくみくにされたページ    タマ姉かわいいよタマ姉なページ

2006年08月28日

集団自決は軍の命令は捏造?

「軍命令は創作」初証言 渡嘉敷島集団自決 元琉球政府の照屋昇雄さん
第二次大戦末期(昭和20年)の沖縄戦の際、渡嘉敷島で起きた住民の集団自決について、戦後の琉球政府で軍人・軍属や遺族の援護業務に携わった照屋昇雄さん(82)=那覇市=が、産経新聞の取材に応じ「遺族たちに戦傷病者戦没者遺族等援護法を適用するため、軍による命令ということにし、自分たちで書類を作った。当時、軍命令とする住民は1人もいなかった」と証言した。渡嘉敷島の集団自決は、現在も多くの歴史教科書で「強制」とされているが、信憑(しんぴょう)性が薄いとする説が有力。琉球政府の当局者が実名で証言するのは初めてで、軍命令説が覆る決定的な材料になりそうだ。
 照屋さんは、昭和20年代後半から琉球政府社会局援護課で旧軍人軍属資格審査委員会委員を務めた。当時、援護法に基づく年金や弔慰金の支給対象者を調べるため、渡嘉敷島で聞き取りを実施。この際、琉球政府関係者や渡嘉敷村村長、日本政府南方連絡事務所の担当者らで、集団自決の犠牲者らに援護法を適用する方法を検討したという。
 同法は、軍人や軍属ではない一般住民は適用外となっていたため、軍命令で行動していたことにして「準軍属」扱いとする案が浮上。村長らが、終戦時に海上挺進(ていしん)隊第3戦隊長として島にいた赤松嘉次元大尉(故人)に連絡し、「命令を出したことにしてほしい」と依頼、同意を得たという。
 照屋さんらは、赤松元大尉が住民たちに自決を命じたとする書類を作成し、日本政府の厚生省(当時)に提出。これにより集団自決の犠牲者は準軍属とみなされ、遺族や負傷者が弔慰金や年金を受け取れるようになったという。
 照屋さんは「うそをつき通してきたが、もう真実を話さなければならないと思った。赤松隊長の悪口を書かれるたびに、心が張り裂かれる思いだった」と話している。
 300人以上が亡くなった渡嘉敷島の集団自決は、昭和25年に沖縄タイムス社から発刊された沖縄戦記「鉄の暴風」などに軍命令で行われたと記されたことで知られるようになった。作家の大江健三郎さんの「沖縄ノート」(岩波書店)では、赤松元大尉が「『命令された』集団自殺をひきおこす結果をまねいたことのはっきりしている守備隊長」と書かれている。
 その後、作家の曽野綾子さんが詳細な調査やインタビューを基にした著書「ある神話の背景」(文芸春秋)で軍命令説への疑問を提示。平成17年8月には、赤松元大尉の弟らが岩波書店と大江さんを相手取り、損害賠償や書物の出版・販売の差し止め、謝罪広告の掲載を求める訴えを大阪地裁に起こしている。
(以下略)

えーっと・・・教科書の記述が変わるほどの
かなりのビックニュースだと思うのですが、マスコミ各社はスルーですか?

まあ、唯一の証拠を関係者がねつ造と言い出すとは思わなかったんでしょうね

しかし、これが事実だとすると赤松元大尉は男ですな〜
日本人らしいというか、お人好しというか・・・(^^;

それにかこつけて反日に利用しつづけた人には謝罪と賠償を要求しなければならないですなw
さて岩波書店と大江氏はどうするつもりかな?

○新たな証拠を出す
○新たな証言を出す
○逆に謝罪と賠償を要求する

さてどれ?w
某マスコミは・・・


(-@∀@) <だがちょっと待って欲しい。「広義の強制」はあったのではないか?

(-@∀@) <勝手に自殺したら補償しないが、軍の命令なら補償する。この制度が間違いなのでわないか?

こんな感じかな?w


posted by ADON-K at 00:43 | Comment(9) | TrackBack(1) | ソース保管庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
  
  1. Jinguzi at 2006年08月28日 01:26

  2. あちこちの文章を読んでみると、戦後の貧困から救われるために、良かれと思って捏造をした。関係者は捏造だとわかっていたので、全員黙っていた。ただ、沖縄の外から来た左翼の皆さんが、自分たちの政治に利用した。関係者、特に黙したまま亡くなった赤松大尉のことを思うと、泣きたくなる。というか、泣いた。せめて、この事実を多くの方々に知っていただきたい。

    ただし、大江健三郎と岩波と朝日には、徹底的に責任を取ってもらいたい。
    特に、大江健三郎。まず、ノーベル賞を返上せい!
    まぁ、全員スルーするのが関の山だろうけどね。でも、その結果、益々信用を失くすんだから自業自得だろう。
  3. tirack at 2006年08月28日 04:04

  4. 百人切捏造報道裁判の浅海記者(毎日新聞)もこの方のように、良心が痛み本当のことを言えばよかったのに。
  5. のぶを at 2006年08月28日 08:54

  6. 曽野綾子の「ある神話の背景」が発表されてから既に三十年以上の時間が経っています。無実の罪を着せられた人達に謝罪し、事実を明らかにすることが報道機関の使命であり、これ以上ノーベル賞の名を汚さない為に為すべきことだと思います。
    大江、岩波、沖縄タイムスと悪質左翼の有名どころに言われ無き攻撃を受けた方達の無念さを考えると胸を掻きむしられるような気持ちがします。
  7. トロワ at 2006年08月28日 22:11

  8. ADON-K様 並びに、これを読んでいる皆様ww

    何なら、オイラが岩波書店に電凸しましょうか?
  9. ディケルス提督 at 2006年08月28日 22:31

  10. >>tirack様
    >浅海記者(毎日新聞)もこの方のように、良心が痛み本当のことを言えばよかったのに。

    浅海記者がやがて真実を語り始めるかもしれないなどという期待は持たない方がよさそうです。浅海記者という人物は戦時中、荒唐無稽な嘘記事まで書いて戦意高揚し、戦争遂行に協力していたことなど、まるで無かったかのように戦後は労組委員長となり、いきなり「日本軍国主義の中国侵略」を厳しく断罪する記事を書き始め、「新中国は全世界の被圧迫民族の解放を目指している」などと書いて中国共産党を最大限に礼賛し、あの文化大革命まで大絶賛していたという最悪の節操無しですから。

    記者としての保身のため、やむを得ず「百人斬りは事実」と言ってたのであれば、まだ少しは同情の余地が無くもないですが、戦後の彼の態度を見る限り、良心が痛んでいるということも無さそうです。こういう人間が戦後をのうのうと生き続け、向井・野田両将校の御遺族が冤罪で未だに苦しんでいるというのがどうにもやりきれませんね。ハア(絶望のため息)。

    http://mltr.e-city.tv/faq09b03.html#00098
  11. s_doi at 2006年08月29日 00:31

  12. 「当時の島民の証言に基づいて書いただけだ」といってしかと決め込むだけだと思うけどなあ・・・
  13. ADON-K at 2006年08月29日 01:00

  14. >ディケルス提督さん
     もともとアカだった(ry
  15. Jinguzi at 2006年08月29日 01:46

  16. トロワ様

    >何なら、オイラが岩波書店に電凸しましょうか?

    ありがとうございます。お気持ちだけで十分です。
    小泉首相を見て、私もようやくあの連中の扱い方を悟りました。どんなに突っ込んだところで、絶対反省なんかしないんです。あらしと一緒で、放置が一番。ほっとけば、みんな相手にしなくなるでせう。電凸なんかしたら、喜ばれるだけです。

    どうせ電凸するのなら、今の旬はオーマイニュースでせう。
    特定アジアなみの毒電波です(^^;。
  17. www at 2007年04月01日 22:42

  18. どちらにせよ、証言しかないんだから断定的に書く事はおかしいんだよね
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

banner_01.gif

この記事へのトラックバック

インタビュー
Excerpt: インタビュー高坂 昌信(こうさか まさのぶ、大永7年(1527年)−天正6年5月7日(1578年6月12日))は戦国時代の武将。武田信玄、武田勝頼の2代に仕える。幼名を源介。初め春日姓。春日源五郎とす..
Weblog: インタビュー 高坂昌信
Tracked: 2006-08-28 16:15
少女兵器
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。