初音ミクにみっくみくにされたページ    タマ姉かわいいよタマ姉なページ

2009年10月25日

【韓国】 安重根−伊藤博文、100年ぶりの再会・仮想対談〜二人の関係未だ解決せず現在進行形

【韓国】 安重根−伊藤博文、100年ぶりの再会・仮想対談〜二人の関係未だ解決せず現在進行形[10/24]
安重根義士と伊藤博文、二人が今日向かい合って座った。二人の関係は100年前に終わったわけではなく、まだ進行形だ。韓国と日本との関係、両国民の認識の差が当時と大きく変わっていないためだ。二人の討論で「過去は現在の窓」という歴史の厳密さをもう一度感じさせる。

-司会:二人が席を共にしたのは初めてだ。100年前を振り返ってみれば感慨深い。
◆安重根:その時は国権を強奪した老いた盗賊を処断する覚悟だけで銃を撃ちながらも正しく見る余裕がなかった。独立運動のためだった、元から伊藤公を知らなかったので私的な怨恨は持っていなかった。
▲伊藤:私を撃った犯人が韓国人というので「バカな奴だ」といったが、会ってみると気迫のある青年のようだ。私も大義のために命を投じる武士出身だけに好感が持てる人物という気がする。

-司会:過去の問題から探ってみよう。伊藤公が1905年の乙巳(ウルサ)保護条約締結を主導したが適法な条約だと考えるか。
◆安重根:条約は源泉無効だ。軍隊を動員して脅迫し、大韓帝国皇帝の玉璽を盗んで結んだ条約だ。万国公法にも外れる。隣国として同じアジア民族として助けられなくても国を奪うのは強盗だ。
▲伊藤:合法的手続きを踏んだ条約だ。韓国政府の大臣たちの多数が署名捺印したし、皇帝に裁可を受けた。高宗(コジョン)が最後に希望した'韓国が富強になって独立できる実力を整えた時はこの協約を撤回する'という条文まで反映されている。
◆安重根:(声を高めて)条約を強制的に結んだのも紙の上に書かれたウィーン文書にすぎない。
一夫も志を奪う可からずと伊藤は言ったが、まして2千万の精神をどのように奪うことができたか。
▲伊藤:韓国人は3千、4千年以来固有の独立を確保しているように話すが、私は認められない。
日本はできるだけ韓国が独立することを願ってきたが韓国はついに独立する能力がなかった。日清・日露戦争をした結果、韓国を保護国にした。日本の自衛上どうにもならない措置であった。

-司会:来年は韓日併合100周年をむかえるが、これをめぐっても両国で見解が違うようだが…
▲伊藤:(自信のある声で)以前に日本は韓国に文明を渡そうとした。韓国人は自立を真剣に考える代わりに他の人のものを奪ってそれなりに生きていこうとする心理があった。韓国の軍事および警察制度、教育、行政、工業、裁判制度は一言で混乱と無能それ自体であった。時代遅れの儒生ばかりでまともな人物はいなかった。私は韓国を文明国にするために力をつくし、植民地時代にもある程度一貫した方向に進んだようだ。今日の韓国が繁栄には日本の役割が大きかった。
◆安重根:まだ日本人は泥棒の心を持っているようだ。日本は外国が使ってきた手法をまねて弱い国を併呑した。こんな考えでは覇権をつかめず独夫(日常的に悪口を行い、除け者になる人)になることが明らかだった。日本は短気ではやく滅びる欠陥があり、結局太平洋戦争に敗れなかっただろうか。日本人がまだこういう考えを持っているなら、日本のためにも実に惜しいことだ。

-司会:安義士が書いた有名な本「東洋平和論」についてはどう考えるか。
◆安重根:(力強い表情で)執筆当時と現在とは環境が変わったが相変らず有効な提案だ。当時、西洋帝国主義と日本の侵略主義を抑制する枠組みとして韓中日三国連帯が必要だったし麗水(ヨス)順天(スンチョン)を中立化して東洋平和会議本部をそちらに置くことを提案したのだ。紛争の軸を協力の軸に変えるモデルだ。今日のヨーロッパ聨合(EU)と同じ形態だ。東洋平和のためにこれを邪魔する伊藤公を射殺したのだ。
▲伊藤:三国連帯は原則的に賛成だ。隣国同士がかたまるべきだ。三国間にもう少し具体的に議論できる席が用意されなければならない。(多少激昂した声で)私は文官出身で一度も戦争に賛成したことがない。韓半島と満州で日本の利益をどのように守るのか悩んだだけだ。私を東洋平和を害する主犯に仕立てられては残念だ。

-司会:肯定的で希望的な話で終えたらと思う。これから韓日関係をどのようにすべきか.
▲伊藤:我々二人の関係を韓日間が近くなる飛び石として利用すれば良い。撃たれて死んだという過去の歴史が重要なのではない。二人に関する両国間の共同研究、セミナー、民間交流等を通して過去と現在、未来を振り返る契機にするよう願う。
◆安重根:互いに怨恨を忘れる時になった。韓国と日本は最も友情をもって過ごすことができる国だ。各自の国で認められる私たち二人の関係が東洋平和のために活用されれば良い。合わせれば成功し、散れば滅びるということは万古の理(ことわり)だ。

以上

 「安重根と伊藤博文が100年ぶりに再会しました」

 「仮想?」

 「何の意味があるの」

 「二人の関係未だ解決せず現在進行形ですね」

 「イタコでも呼んだのかしら?」

 「ウリナラファンタジー絶好調」


                        /^\_
               ,ィー‐ '⌒´ : : : : ヽ: `ヽ、
          , :≦7: : : : : : : : : : : : : : :ヘ : : : \
         /: : : /: : : : : : : : : : :∧: : : : :', : : : : :\
    rー<⌒\_:_ /: : : : : : :/ : : : :} ',: : : : :}: : :ヽ: : : \
    |: : : : l::..::..:ヽ/: :/ : : : :/ /⌒′│j: : : ト: : : ヘ \: :ヽ、
    |: : : : |:::::::::::' : / : : : :│: : : /   |:ハ : : |ハ: :l : |: : :ヘ
    |: : : : |::::::::::i :│ : : : : { : : : ,イ气 リ ヘ : 心}: }: :|: : : :}
.   /|: : : : }::::::::::| : | : : : : /l: : :/{::ヘ_∧   j/{rイ: | : h: : :′
   ' :|: : : : l::::::::::{: ∧: : : /:ヘ: 〈{ Y: : :}     Y: |: / }: / これが同人なんですね
  {.:::|: : : : |::::::::::W::{ : :/ : : :V  ゞzソ     \W ,j/
  └┤: : : ヘ:___/⌒l: /: : : : :|    "   rー┐  }:ヘ
    | i: : : : : ヘ ー {^W{: : : i: |      { .__{  厶/
    | }: : : : : : { : : ヽ、_|: : : l: l           / }
    |八: : : :∧ヽ`゛<ム : : h:{   ____ , く: : :│
    |{ }: : /  ヽ{     }: : :|ヘヽ、 /} : 八 } : : |
.      j/       ∧ : ト、\  ヽ\}  |: /リ
              / ヘ: :l \   } ヽ. j/
           /     ヽ{ ,ィー―ヘ   \
             /ー 、     f } /⌒}   //}/⌒ヽ
          /⌒ヽ、ヽ   /^\  こヘ 〃 に⌒ /ヽ、
            {⌒\ ヽ\{\  \}⌒ /   { ,/ /∧



posted by ADON-K at 01:03 | Comment(12) | TrackBack(0) | 韓国ソース保管庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのコメント
  
  1. Dhalsim at 2009年10月25日 01:15

  2.  久々におつむにピーンと来た



          死 ぬ が よ い !

  3. at 2009年10月25日 01:26

  4. 過去の偉人と対談して、自分の偉大さを主張する、どこぞの宗教団体の代表を思い出しました。
  5. at 2009年10月25日 01:49

  6. ウルトラの父とショッカー戦闘員の会話
  7. at 2009年10月25日 01:55

  8. 再開もクソも、「募金の金持ち逃げしてトンズラしたぁ?」疑いがあるヤツと、日の出の勢いの国家の初代宰相との間に、テロ実施以外の場面で接点があったのかと?
    当然、会話もクソもありませんなぁ(嘲
  9. at 2009年10月25日 01:56

  10. 客観的な検証を一切無視して妄想を一方的にまくしたてるテロリスト安重根
    たしかに朝鮮人っぽくはある

    なんかこれ思い出した

    ☆キム・ソンモ版マンガ嫌日流の嘘を暴けその1☆
    http://iroiro.alualu.jp/kennitiryu/kennitiryu_vol6.html

    ☆その2☆ マダァ-? (・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン
  11. 覇王樹(諦観 at 2009年10月25日 02:22

  12. 仮想というか妄想ですねぇ・・・。

    まぁ、記された言葉や行動から分析して、
    彼らがどういった対談をするかと言うのを
    考えて見るのは面白いかも知れませんが、
    「中立的分析」や「冷静な研究」が
    先天的にできない鮮人が行なっている
    その時点でアウトです。

    進化して出直しなさい。
  13. at 2009年10月25日 04:30

  14. 思想がどうあれ実現のために殺人を犯すようなヤツはテロリスト!
  15. 喜多院 at 2009年10月25日 08:07

  16. 安重根は英雄なんだからねぇ。今頃、遺恨を忘れるなんて出来るはずはないさ。

    第一、抗日英雄と言うテロリストが何人、歴史的英雄に祀り上げられている?

    三国連帯は韓日友好からってか。無理無理(w
  17. 神有月 出雲 at 2009年10月25日 08:57

  18. ゆたか……。

    その発言は親戚+クラスメートを敵に回すぞw
  19. at 2009年10月25日 10:37

  20. >まして2千万の精神を

    ・・・当時の半島の人口は1000万に満たないはずなのにw
  21. at 2009年10月25日 13:42

  22. 何?この面白イタコショーはwww
  23. at 2009年10月25日 23:13

  24. テロリスト出なければ伊藤閣下のそばに近づくことさえかなわなかったはずのチョウセンヒトモドキが対談の相手なんて出来るわけがないだろう。
    いくら妄想でももう少しまともな妄想してください。
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

banner_01.gif

この記事へのトラックバック
少女兵器
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。