初音ミクにみっくみくにされたページ    タマ姉かわいいよタマ姉なページ

2016年08月29日

【中央日報】韓日通貨スワップ、話を切り出してすぐ受け入れた日本

【中央日報】韓日通貨スワップ、話を切り出してすぐ受け入れた日本[8/29]
「経済協力をさらに強化する次元から新しい通貨スワップ協定を推進しよう」(柳一鎬副首相兼企画財政部長官)

「必要性を十分に理解している。お互いに協議してみよう」(麻生太郎日本財務相)

27日に開かれた韓日財務対話で双方が通貨スワップ協定を締結するよう合意するのに長い対話はいらなかった。柳一鎬(ユ・イルホ)副首相が切り出すと麻生財務相はすぐ待っていたかのようにこれを受け入れた。
通貨スワップは当初公式の議題には含まれていなかった。だが共感は十分に形成されていた。韓国が提案をする形式を取ったが、日本もやはり事前に「関心表明」をしていた。
麻生財務相は訪韓前の会見を通じ、「韓国が(通貨スワップが)必要だといえば検討したい」としてムードを高めた。

こうして韓日両国は既存の通貨スワップ協定が廃棄されてから1年6カ月ぶりに公式に「復元」に着手することになった。
企画財政部関係者は「協定が成功裏に締結されれば国際社会に両国間の経済協力が本格化するというシグナルを送ることになるだろう」と話した。

通貨スワップはすぐに使うために結ぶよりは、万一に備えた「通貨防衛同盟」の性格が濃い。韓日通貨スワップがこれまで曲折を経たのもこうした象徴性のためだ。
2001年に20億ドル規模で始まった通貨スワップ協定の規模は2011年には一時700億ドル規模まで拡大した。だが2012年以降は満期が近づいた契約を更新しなかった。
同年の光復節を控え当時の李明博(イ・ミョンバク)大統領が独島(ドクト、日本名・竹島)を訪問するなど両国関係が冷え込んだためだった。最後の100億ドルの通貨スワップ契約が終了したのが昨年2月だった。
両国の年次財務会議もやはり2012年以降開かれていなかったが、昨年3年ぶりに再開された。

通貨スワップ再開議論が注目されるのは何よりタイミングのためだ。北朝鮮の核問題と高高度防衛ミサイル(THAAD)配備決定は韓国、中国、日本の間の経済関係にも微妙な波紋を起こしている。
特にこの過程で韓国経済の「中国偏重」が新たなリスクに浮上した。韓国の対中輸出依存度は2001年の10.7%から昨年26%に拡大した。

通貨スワップもやはり同様だ。日本が手を引き中国依存度が大きく高まった。現在韓国が各国と締結した通貨スワップの総規模は1190億ドルだがこのうち半分ほどの560億ドルが中国と結んだものだ。企画財政部関係者は「中国が結んだ通貨スワップ協定のうち香港に次いで大きい規模」と説明した。中国としては韓国に破格な「配慮」をした格好だ。

問題はTHAAD配備決定以降に韓中関係の不確実性が大きくなったという点だ。
崇実(スンシル)大学のオン・ギウン教授(経済学)は「ただちに金融市場が不安になったり外貨準備高が不足している状況ではないという点を考慮すれば、日本との通貨スワップ再開は中国偏重から抜け出し多角化を図るという意味が大きいようにみられる。
日本もやはり域内で中国の影響力が過度に大きくなるのを牽制するためにも韓国との協力を強化する必要があるだろう」と話した。

祥明(サンミョン)大学のペ・ウンギ教授(経済学)は「ウォンが安定すれば東アジアの金融市場と中国の安定にも役立つ。通貨スワップ拡大が韓中日の共同利益につながるという観点から相手方を説得し3国間の協力を強化しなければならない」と話した。

◇通貨スワップ=両国が協定を通じ為替相場や規模などの条件をあらかじめ決めておき必要時に互いに通貨を交換すること。国際金融市場の不安にともなう外貨不足事態などに備えて結ぶ。外貨準備高が有事の際に備えて積む「積立金」とすれば、通貨スワップは一種の「マイナス貸出」約定だ。韓国、中国、日本と東南アジア諸国連合(ASEAN)各国が参加するチェンマイイニシアチブ(CMI)のように多国間協定形態でも締結される。

http://japanese.joins.com/article/930/219930.html
http://japanese.joins.com/article/931/219931.html

 「日本は話を切り出してすぐ受け入れたのです」

続きを読む
posted by ADON-K at 23:22 | Comment(6) | TrackBack(0) | 韓国ソース保管庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【韓国】韓日通貨スワップは円の地位を高めるのに役立つ

【韓国】韓日通貨スワップは円の地位を高めるのに役立つ
 韓国にとって通貨スワップは、1990年代に見舞われたアジア通貨危機のような事態に備えるという意味で有益だ。日本にとっても円の地位を高めるのに役立つとされる。

 企画財政部の黄建日(ファン・ゴンイル)国際金融政策局長は「可能な限り通貨スワップを多く推進するというのが韓国政府の方針。日本とのスワップ再開もその一環」と述べた。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/08/28/2016082800071.html

 「韓日通貨スワップは円の地位を高めるのに役立つ!!」

続きを読む
posted by ADON-K at 00:36 | Comment(7) | TrackBack(0) | 韓国ソース保管庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月27日

【聯合ニュース】韓日、サプライズで通貨スワップ再開へ=韓国側が提案

【聯合ニュース】韓日、サプライズで通貨スワップ再開へ=韓国側が提案[8/27]
【ソウル聯合ニュース】韓国の柳一鎬(ユ・イルホ)経済副首相兼企画財政部長官は27日、麻生太郎副総理兼財務相と同日ソウルで会談し、緊急時に両国間で通貨を融通し合う通貨交換(スワップ)を再開することで合意したと明らかにした。

 柳副首相は「韓国側が通貨スワップに関する提案をし、日本の同意を得て(スワップの)議論を始めることになった。再開までには何カ月かかかるだろう」と述べた。

 スワップの規模や期間については、今後話し合う。

 韓国と日本は2001年7月に通貨スワップ協定を結び、12年10月には上限が700億ドル(現在のレートで約7兆円)まで引き上げられた。
その後、日本閣僚の靖国神社参拝や李明博(イ・ミョンバク)大統領(当時)の独島訪問などによる両国関係の悪化に伴い徐々に縮小し、昨年2月に協定を延長せず、終了した。

 この日、ソウルでは2年連続となる韓日財務対話が開かれた。韓国企画財政部は25日の記者会見で、財務対話の議題に通貨スワップは含まれていないと伝えていたため、スワップ再開の合意は驚きだった。

 韓国にとって通貨スワップは、1990年代に見舞われたアジア通貨危機のような事態に備えるという意味で有益だ。日本にとっても円の地位を高めるのに役立つとされる。

 企画財政部の黄建日(ファン・ゴンイル)国際金融政策局長は「可能な限り通貨スワップを多く推進するというのが韓国政府の方針。日本とのスワップ再開もその一環」と述べた。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2016/08/27/0200000000AJP20160827000300882.HTML

 「通貨スワップ再開します」

続きを読む
posted by ADON-K at 23:08 | Comment(10) | TrackBack(0) | 韓国ソース保管庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

【韓国】 「国立公園に日本産樹木は合わない」…国立公園に昇格した太白山公園、巨木50万本伐採で自然破壊の危機

【韓国】 「国立公園に日本産樹木は合わない」…国立公園に昇格した太白山公園、巨木50万本伐採で自然破壊の危機[08/25]
太白山(テベクサン)国立公園事務所は「国立公園の地位に日本産樹木は合わない」という名分を明らかにした。しかし、国立樹木園や造形学科、環境団体は40〜50年間、直径1メートル近くに育った木を人為的に切り倒せば森の生態系を破壊すると批判した。

25日、太白山国立公園事務所は太白山一帯の日本イプカラム(チョウセンカラマツ)50万株を伐採してクヌギ類や松など土地産の木に変えると25日明らかにした。

太白山国立公園は去る22日、江原(カンウォン)太白市(テベクシ)と慶北(キョンブク)奉化郡(ホンファグン)一帯の既存の道立公園(17.4平方キロ)と保存価値が高い国の公有地を統合して70.1平方キロの広さで道立公園から国立公園に昇格した。

今回、伐採対象になった日本イプカラムは太白山国立公園内の林野8.2平方キロに約50万株が育っており樹木種の11.7%を占める。

朴正煕(パク・チョンヒ)政府の録画事業が進行された1960〜70年代に太白山進入路一帯と入り口の傾斜したところに人工造林種として植えた。現在最小、60〜70センチに達する巨木だ。1900年代初め、韓国に入ってきた日本イプカラムは生長速度が速くてボロを着た山を青くするのに大きく寄与したという評価を受ける。木がまっすぐで丈夫で電信柱に使われ、この頃では丸太の家の木材に愛用される。

国立公園側は来年、日本イプカラム精密分布の現状調査をして2021年まで5年間、45億ウォンをかけて伐採する計画だ。太白山国立公園事務所は「伐採事業は国立公園内に分布する外来種の木と草本類は除去して土地産に変える」という国立公園管理原則にともなう措置といった。

‘民族の霊山’を生かすという名分も主張する。太白山国立公園事務所チャン・スリム資源保全係長は「全国の国立公園では外来種草木を除去する作業を着実に広がってきている」とし、「民族の霊山である太白山が国立公園に指定され、日本イプカラムが大量棲息するのは地位に合わない」とした。

5年という短い期間で行われる大規模伐採に反対する声も少なくない。江原大山林資源科パク・ワングン教授は「土地産でも外来種でも人間の干渉を最小化し、木が枯れ木で倒れてもそのまま置いて自然に森の生態が変化する姿をそっくり見せる場所が国立公園だ」とし、「むやみに外来種という理由で木を切って土地産の木を植えるというのは誤った考え」と話した。

米国、カナダ、オーストラリアなど林木先進国国立公園では自然に育つ草木について人間の干渉なしでそのままにして変化を見守っているという。パク教授は「国立公園面積の10%を越える地域の木を切って、代替樹木を植えるとは理解できない」と批判した。

国立樹木園は「日本が原産なので木を伐採するべきだというなら、国内の大部分の山にある木を全部伐採しなければならないだろう」と話した。特に日本イプカラムは100年間、韓国の土壌と気候によく適応しており、1960年代から造林事業をする時はすでに韓国産と異ならないという。一部の造景学者は「日本イプカラムが原産地のせいでニセアカシアのように扱われてはならない」と指摘した。

木を切って運ぶために林道と索道を出す過程で生態系と山林のき損も深刻という憂慮も出ている。環境団体は「巨木に育った50万株の木を切って運ぼうとするなら、山のあちこちに装備が入らなければならないから国立公園太白山が大きくき損されると憂慮される」と主張した。

太白、チョ・ハンジョン記者

ソース:ソウル新聞(韓国語) [単独]日本産という理由で…太白山(テベクサン)巨木50万株伐木危機
http://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20160825500188

 「国立公園に日本産樹木は合わない!!」

続きを読む
posted by ADON-K at 23:21 | Comment(10) | TrackBack(0) | 韓国ソース保管庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

【経済】日韓通貨スワップ協定の再開、財務相「韓国側から話出れば検討」

【経済】日韓通貨スワップ協定の再開、財務相「韓国側から話出れば検討」
[東京 24日 ロイター] - 麻生太郎財務相は24日の閣議後会見で、日韓通貨スワップ協定の再開の可能性に関し「向こう(韓国側)から話が出れば検討する」との見方を示した。週末の日韓財務対話では、国際金融情勢だけにとどまらず、世界や地域経済などの見通しについても意見交換すると語った。

http://jp.reuters.com/article/japan-korea-forex-idJPKCN10Z05S


日韓通貨協定の復活、麻生太郎財務相が「向こうから話出れば検討する」 27日の日韓対話で 関係冷え込みで昨年終了

 麻生太郎財務相は24日の閣議後の記者会見で、27日に韓国・ソウルで開く日韓財務対話で通貨交換協定の復活について「向こうから話が出れば検討する」との考えを示した。

 通貨交換協定は外貨不足に陥った場合、自国通貨と引き換えに締結相手国が持つ米ドルを融通してもらえる仕組み。

 日韓両政府は平成13年に通貨スワップ協定を締結したが、24年に当時の李明博大統領が竹島(島根県隠岐の島町)に上陸するなど日韓関係が冷え込んだ影響を受けて規模が縮小。協定期限を迎えた27年2月、韓国側から延長要請がなかったため終了した。

 27年5月に東京で開催された日韓財務対話の際に協定復活が取りざたされたが、議論はされなかった。

http://www.sankei.com/economy/news/160824/ecn1608240015-n1.html

 「日韓通貨スワップ協定の再開するそうです」

続きを読む
posted by ADON-K at 23:02 | Comment(6) | TrackBack(0) | 韓国ソース保管庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月19日

【食】韓国在来の牛「黒牛」…日帝が奪い取った「韓牛」という名前

【食】韓国在来の牛「黒牛」…日帝が奪い取った「韓牛」という名前[08/18]
EBS 1TV <一つだけの地球>はもう我が国では特別な存在になってしまった‘黒い牛’を訪ねてみる。

済州には人々がよく知らない特別な牛が暮らしている。まさに全身が真黒く覆われた黒い牛、黒牛だ。

韓牛なら普通は黄色い牛だけと思う私たちに黒牛は見慣れない。しかし黒牛は韓国土種牛に該当する。高麗時代の安岳3号墳壁画と朝鮮王朝実録の記録を見れば黒い牛はB.C.から私たちと共に生活して来た。朝鮮時代には王の進上品であり、国の祭祀に捧げられる高貴な供物の役割をしたりした。

これほどまでに愛された黒牛が我が国から消え始めたのは日帝強占期の時だ。日帝は黒牛を国外搬出したあと韓牛の標準毛色を赤色を帯びた黄牛に規定した。基準が変わったことで黒い牛は突然に雑種扱いを受けて、徐々に畜産農民が黒牛飼育を忌避して自然に私たちのそばから消えることになったのである。

100年間伝えられた方式で3代黒牛を育てて来たコ・ワンスさん(72)の牧場を訪ねてみた。放送は午後8時50分。

2016/08/18 19:43
http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?artid=201608181942005&code=960801

 「日帝に奪われた!!」

続きを読む
posted by ADON-K at 22:55 | Comment(6) | TrackBack(0) | 韓国ソース保管庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【中国】なぜだ!日本料理は世界で評価されているのに、どうして中華料理は評価されないのか

【中国】なぜだ!日本料理は世界で評価されているのに、どうして中華料理は評価されないのか[8/17]
 レストランを格付けするミシュランガイドに掲載されることは、レストランのオーナーにとっては比類なき名誉と言える。東京はミシュランガイドで星を獲得したレストランの数が世界でもっとも多い美食の都市だ。

 中国メディアの和訊網はこのほど、世界で高い評価を得ている日本料理と比べて、どうして中華料理は評価されないのかと疑問を投げかけ、その理由を分析する記事を掲載。
記事は、中華料理は日本料理に負けたとは思わないと言いつつも、日本料理が世界的に評価される理由について分析している。

 記事は、日本料理が世界的に評価される理由の1つとして「日本の食の安全さ」を挙げた。日本でも食品の安全問題は皆無ではないものの、問題が起きるたびに法が整備され、安全性が増していると評価した。

 さらに、2つ目の理由として「素材を生かした料理」であることを挙げ、手間をかけてしっかり味付けする中国料理と違い、日本料理は素材そのものの味を生かしている点が評価されるのだとしている。
3つ目は「日本料理には余白の美がある」ことだという。色を塗りたくる油絵のような中華料理とは異なり、日本料理はまるで水墨画のように「余白」を大切にして美しく仕上げると評価した。

 4つ目の理由は「研鑽の精神」だ。寿司の神様と言われる小野二郎氏に代表されるように、徹底的に料理を研究し、最高のものを追求する態度が、日本料理の高評価につながっているとした。

 世界的に健康意識が高まるなか、日本料理は米国のハリウッドスターの間でも人気だ。また、ラーメンのように各国で人びとが行列を作る料理も日本発だ。
中華料理ももちろん美味しく、世界で高く評価されていることは間違いないが、研鑽の精神を持った料理人がいる限り、日本料理は今後さらに成長し、世界中の人に愛され続けるに違いない。(編集担当:村山健二)

http://news.searchina.net/id/1616593?page=1

 「どうして中華料理は評価されないのか!!」

続きを読む
posted by ADON-K at 01:00 | Comment(10) | TrackBack(0) | 中国ソース保管庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

【中央日報】韓国就航の航空機ほとんど「東海」ではなく「日本海」表記  『失われた名前、”東海”探しキャンペーン』開始[08/15]

【中央日報】韓国就航の航空機ほとんど「東海」ではなく「日本海」表記  『失われた名前、”東海”探しキャンペーン』開始[08/15]
韓国に就航する外国航空会社の機内地図の大部分が東海(トンヘ)を「日本海」と表記していることが明らかになった。

韓国広報専門家である徐敬徳(ソ・ギョンドク)誠信(ソンシン)女子大学教授は15日「1日から2週間、直接またはネットユーザーからの情報提供を通じて中国東方航空、英国ヴァージン・アトランティック、ロシアのアエロフロート、トルコ航空など23の海外航空会社のスクリーン地図サービスを調査した結果、すべての航空機の地図に東海が日本海と表記されていた」と明らかにした。

徐教授は「韓国に就航する航空会社の地図サービスがこのようならば、ほかの航空機のスクリーン地図は見なくても全く同じこと」としながら「今年の光復節を機に『失われた名前、東海(East of Sea)探しキャンペーン』をネットユーザーと共に始めた」と話した。

徐教授はキャンペーンのターゲットを韓国就航航空会社として是正要請の手紙と東海関連の資料を渡す方針だ。

また韓国に進出している航空会社の支店を直接訪問して東海の表記に変えることを要請する予定だ。

合わせて来年4月にモナコで開かれる第19回国際水路機構(IHO)総会前までに航空機だけでなく
旅行サイトなどを訪問して日本海を東海に変えていく活動を展開して世論づくりをする方針だ。

2016年08月15日14時55分 [ISPLUS/中央日報日本語版]
http://japanese.joins.com/article/410/219410.html?servcode=A00§code=A10&cloc=jp|main|breakingnews

 「すべての航空機の地図に東海が日本海と表記されていた」
続きを読む
posted by ADON-K at 23:44 | Comment(12) | TrackBack(0) | 韓国ソース保管庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月13日

【韓国】 「日帝は韓国の国花ムクゲが愛されないよう剪定を推奨した」という俗説〜山林庁「まったく根拠がない」[08/12]

【韓国】 「日帝は韓国の国花ムクゲが愛されないよう剪定を推奨した」という俗説〜山林庁「まったく根拠がない」[08/12]
光復節を控えて山林庁が12日から世宗(セジョン)市湖公園などで「第26回国花ムクゲ全国祭り」を開くなどムクゲ愛の雰囲気を作ろうとする中、ムクゲの剪定をめぐる論議が新たに提起されている。

山林庁がムクゲの木の管理次元で適切な剪定と間引きをするよう推奨する反面、一部の市民の間で過度に切られたムクゲの姿がみすぼらしく、結局、国民に愛されないという主張があるからだ。

一部では日帝強制支配期に日本が韓国の国花ムクゲの繁盛を防ぐために「ムクゲは切った方が良い」という俗説をまき散らしたという主張も提起される。普段からムクゲに関心が強いという市民チェ・ドンウォン(64)氏は「愛国歌に'ムクゲ三千里、華麗な山川」という一節が出てくるようにムクゲは国花」とし、「しかし、私たちの周囲ではムクゲの木を探すのさえ難しく、あってもバッサリ切られて短い鉛筆の形をしている」と指摘した。

チェ氏は「こうなったのは日帝の悪計が大きな原因という話を小さいころ、まわりの大人から聞いた。日帝は韓国の国花ムクゲを全部抜いてしまいたかったが、そうすれば韓国人の国民的な抵抗にあうと思って、'ムクゲは切ってこそ良い'と甘言利説をまき散らしたという」と伝えた。

彼は「こんな悪計が俗説に固定されて今も続き、ムクゲがまともに育って花を咲かせる前に無惨に切られて短い鉛筆のような美しくない姿で愛されずにいる。日帝のこういう姿勢は尊厳のある昌慶宮(チャンギョングン)の宮殿中に動物園を作って昌慶苑と呼び、宮殿のイメージを傷つけ、朝鮮の精気を防ぐために南山(ナムサン)に杭を打ち込んだのと脈を一つにする」と強調した。

しかし、山林庁はこのような主張について「文献にも記録にも残っている根拠が全くない」と反論した。ムクゲは木だが木自体を鑑賞するのではなく、花を見ることが目的だけに、花が大きくてたくさん咲くようにするなら剪定が必要だという技術的判断から剪定を推奨するということだ。

山林庁が昨年配布した「国花ムクゲ植栽および管理指針」パンフレットには「ムクゲはみな育てば頂芽の優勢性が弱くなり、そのまま放置すれば主幹が明確に発達できずに、樹形が全体的に半円形または、長打円形になるのが一般的」とし、「従って適切な剪定と間引きをして胴が詰まるのを解消し望む樹形に誘導することが望ましい」と記述されている。

山林庁関係者は「一部の請願者は'国花になぜ、はさみ作業をするのか'と抗議するけれど、剪定は木を育てる技法上必要なこと」とし、「誤った剪定事例もあるが、ムクゲに剪定をすること自体が問題とすれば困る」と反論した。

彼は「'ムクゲを近くで見ればおできができるという流言を日帝がまき散らした'という話も伝えられるなど、ムクゲと関連した俗説は少なくないが大部分根拠がない。ムクゲの見た目を悪くするために日帝が剪定を誘導したという主張も文献上記録が全くないだけに根拠がない」と話した。

ソース:ハンギョレ新聞(韓国語) ムクゲ枝刈りは日帝がまき散らした俗説のせい?
http://www.hani.co.kr/arti/society/society_general/756362.html

 「日帝は韓国の国花ムクゲが愛されないよう剪定を推奨した」

続きを読む
posted by ADON-K at 00:09 | Comment(8) | TrackBack(0) | 韓国ソース保管庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月11日

【韓国】 日帝は緻密かつ計画的に我が民族を抹殺しようとした〜大邱で日帝「民族精神抹殺」教育資料5点発見

【韓国】 日帝は緻密かつ計画的に我が民族を抹殺しようとした〜大邱で日帝「民族精神抹殺」教育資料5点発見[08/11]
日帝が朝鮮語抹殺と皇国臣民化政策のために一線の学校で使った教育資料5点が発見された。大邱市(テグシ)教育庁は11日「大邱教育博物館建設のために資料を収集する過程で日帝がち密で計画的に私たち民族を抹殺して皇国臣民化しようとする過程を見せる資料5点を発見した」と明らかにした。

この資料は「皇国臣民の誓詞」と「我等の誓」、「国語環境調査」、「本校の修練」、「国語常用に関する規定」など5点だ。1930年から1943年までの間、淑明女子高校、同徳女子高など各級学校で実際に使ったものでここで'国語'は日本語を意味する。

「皇国臣民の誓詞」は朝鮮総督府学務局が教学振興と国民の精神状態育成を企てるという名目で1937年に作成し朝鮮人に覚えさせた誓いだ。「私たちは大日本帝国国民です」から始まり「私たちは心を合わせて天皇陛下に忠義をつくします」等の文章を書いていつも持参できるように小さい手帳大で製作した。

「国語環境調査」は日本語を徹底的に普及するためのもので各家庭で日本語を常用する程度、日本語を理解できない人の現況と指導方法などを調査項目に設定していた。また「国語常用に関する規定」はすべての教職員と学生が学校の内外で日本語を常用するように規定するだけでなく、韓国語で話しかければ答えないようにしたり成績に反映するように強制した。

「本校の修練」は靖国神社神壇礼拝を施行すること、定時修練で軍奉仕に努めることなど皇国臣民化を行うための修練・指導方針を具体的に入れた。

日帝強制支配期研究者のパク・ファン水原(スウォン)大史学科教授は「日帝が学生と家族にどれほど徹底的に日本語使用を強制して民族精神を抹殺しようとしたかを見せる実証資料だ。漠然とした政策指針だけでなく具体的な事例という点で注目する価値がある。」と話した。

チェ・ジイェ大邱市教育庁学芸研究家は「皇国臣民の誓詞と「我等の誓」は小さい手帳にして学生たちがいつも持ち歩き、残り3点はノートのように作られてカバンに入れて運んだと見られる」と話した。

日帝の皇国臣民化資料5点は慶北星州出身であり大邱市長と慶北知事、内務部長官などを経たイ・サンヒ(84)氏が大邱市教育庁に寄贈した。大邱市教育庁は2018年大邱教育博物館をたてるために教育資料を広範囲に収集している。これまで集まった資料は教科書、学習道具、制服、バッジ、教務手帳、成績表など合計6千点余り。

ク・テソン記者

ソース:ハンギョレ新聞(韓国語) 日帝‘民族精神抹殺’教育資料5点発見
http://www.hani.co.kr/arti/society/area/756226.html

 「民族精神抹殺の証拠だ!!」

続きを読む
posted by ADON-K at 23:37 | Comment(6) | TrackBack(0) | 韓国ソース保管庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

少女兵器

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。